>>【定番ブランド7選】スニーカーのおすすめランキング│履き心地・おしゃれ別に徹底比較<<

【5選】CT70の通販サイト日本・海外のおすすめランキング!本物が安く買える

スニーカー
スニーカー

2021年10月、CT70の海外輸入の規制により、CT70を取り扱っていた全ての海外通販サイト(以下3つ)で販売が中止されました。

そのため、現状CT70が購入できるのは、「Amazon」のみです。

必ず、ページ内にある購入者のレビューを見て、本物かどうかを確認して購入するようにしましょう。

なお、Amazonの「CT70」の検索結果には、

  • チャック70
  • チャックテイラー’70
  • 復刻三ツ星

などの商品名に違いありますが、これらはどれも同じ「CT70」です。

一番レビュー数が多くて、安い商品を選びましょう。

なお、Amazonの商品を調査したところ、おそらく以下の商品が一番安いと思われます。

規制により、いずれは日本で購入できなくなることが予想されるので、今のうちに購入しておきましょう。

>>Amazonで”CT70の一覧”を見る

コンバースCT70(チャック テイラー’70)の本物が買える一番おすすめの通販サイトを知りたくありませんか?

結論、コンバースCT70を通販サイトで買うなら「SSENSE(エッセンス)」一択です。ただし、3足のまとめ買いをするなら「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ)」を利用した方が安く買えるのでお得です。

この記事では、実際に海外通販サイトでCT70を購入した筆者が、5つの通販サイトを徹底比較してどのサイトが一番CT70の購入に適しているかを解説します。

\人気カラーランキング1位のブラック/

スポンサーリンク
  1. 【5選】CT70の通販サイトおすすめランキング比較表
  2. 【まずは確認】CT70を通販サイトで購入する前に知っておきたい4つのこと
    1. ①前提として日本の通販サイトで販売していない
    2. ②もし日本国内で買えたとしても高い
    3. ③日本国内で販売されているCT70は100%本物とは言い切れない
    4. ④信用できる海外の大手通販サイトだと安く100%本物が買える
  3. 【失敗しない】CT70の通販サイトの選び方5つのポイント
    1. ①本物が買えるか
    2. ②日本語対応か
    3. ③商品の値段の安さ
    4. ④送料・関税などの別料金の高さ
    5. ⑤返品の送料はかかるか
  4. 【3選】CT70のおすすめの海外通販サイトを紹介
    1. 1位「SSENSE(エッセンス)」一足買いならここで間違いない
    2. 2位「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ)」3足のまとめ買いならお得
    3. 3位「MATCHESFASHION(マッチズファッション)」上位2サイトが品切れ時に利用
  5. 【2選】日本国内の通販サイトで購入したい方はこちら
    1. RARETEM
    2. CT70TOKYO-revolt
  6. そもそもコンバース「CT70」とは?
  7. 【実際に着用】CT70のサイズ感や履き心地
  8. コンバースCT70の人気カラーランキング│トップ3
    1. 1位「ブラック」一足は持っておきたい定番カラー
    2. 2位「オフホワイト」ビンテージ感満載のカラー
    3. 3位「サンフラワー」絶妙な色合いで人気
    4. 4位以降の人気カラーを確認したい方はこちら
  9. 「CT70」と定番の「現行版キャンバスオールスター」の違いは?
  10. まとめ|CT70の本物が買えるおすすめの通販サイト

【5選】CT70の通販サイトおすすめランキング比較表

コンバースCT70が購入できる3つの海外通販サイトと、日本国内の2つの通販サイトを比較した結果、以下のランキングになりました。

←横にスクロールできます→

ランキング1位2位3位4位5位
サイト名<海外>
SSENSE
(エッセンス)
<海外>
Sneakersnstuff
(SNS)
(スニーカーズエン
スタッフ
)
<海外>
MATCHESFASHION
(マッチズ ファッション)
<日本>
RARETEM
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-65.png
<日本>
ct70tokyo-revolt
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-66.png
本物の販売◯(△)
自己責任で
お願いします
◯(△)
自己責任で
お願いします
日本語対応
A+B+C
送料や
関税を含めた
一足の合計料金
(ローカット)

11,750円

13,180円
※関税が1,000円の場合

13,590円

15,680円

17,380円
A
CT70の値段
(ローカット)

9,000円

9,680円

11,290円

14,800円

15,800円
CT70の値段
(ハイカット)

1,1000円

10,340円

13,800円

15,800円

16,800円
B
送料

2,750円
(35,000円以上で
送料無料)

2,500
(28,000円以上で
送料無料)

2,300 円
(28,000円以上で
送料無料)

880円

1,580円
(27,000円以上で
送料無料)
C
関税

商品代金込み

1,000〜2,000円

商品代金込み
なしなし
返品送料
無料

自己負担

無料

お客都合だと自己負担。
商品の不良・配送中の
破損だと会社が負担

返品自体不可
CT70の
カラー・
種類展開

約100種類

約60種類

約30種類

約40種類

約100種類
注文~到着の
期間
3〜5日3〜5日3〜5日2〜5日2〜5日
公式サイト公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

5つの通販サイト比較するとわかりますが、SSENSE(エッセンス)」が一番安く購入できて、サポートも手厚いのがわかると思います。

「SSENSE」の送料は一番高いですが、商品自体の値段が安くて関税も商品の値段に含まれていることから、一足分の実質の値段は「SSENSE」が一番安いです。

他にも、返品送料が無料だったり、カラーも100種類以上販売していることから、CT70を購入するなら「SSENSE」が一番おすすめです。

SSENSEのCT70の買い方を確認したい方は、詳細に記載した記事「SSENSEのCT70の買い方~商品が届くまでの流れを徹底解説」を確認しましょう。

では次章から、まずはCT70を購入する前に確認しておきたいことから解説します。

>>本記事4章の「【3選】CT70の海外通販サイトを個別に紹介」までスキップする

【まずは確認】CT70を通販サイトで購入する前に知っておきたい4つのこと

コンバースCT70を通販サイトで買うならば、まずは確認しておきたいことがあるので紹介します。

それは以下の4つです。

  1. 前提として日本の通販サイトで販売していない
  2. もし日本で買えたとしても高い
  3. 日本で販売されているCT70は100%本物とは言い切れない
  4. 信用できる海外の大手通販サイトだ安く100%本物が買える

①前提として日本の通販サイトで販売していない

まず前提として、CT70は日本の通販サイトでは買えないことを認識しておきましょう。

なぜなら、コンバースジャパンの伊藤忠商事が、アメリカのコンバースの”営利目的での輸入”を制限しているからです。

コンバースにはアメリカ製と日本製の2種類あります。それぞれ全くの別会社が販売しており、商標権も異なります。

コンバースの商標権を持っている会社の違い

なぜ、伊藤忠商事がアメリカ製コンバースの輸入を禁止したのかというと、単純にアメリカ製のコンバースが日本の市場に出回ると、自分たちが販売している日本製コンバースの売上げが落ちるからです。

まあ、ビジネスなので仕方ありませんよね。

ただ、まれに日本国内で販売していることもあるのですが、注意点があるので次項で紹介します。

②もし日本国内で買えたとしても高い

CT70は本来、日本国内で販売できないはずなのですが、たまに個人経営のセレクトショップで販売していることもあります。

しかし、その場合メーカー価格よりも約5,000円高く販売しています。

また、Amazonやメルカリでも転売されていますが、同様に高めに売られています。

下記は、実際にAmazonで販売しているコンバースCT70です。

CONVERSE(コンバース)
¥16,000 (2021/10/17 12:33時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は無料で試着可能(※在庫あれば)/
Amazonで見る
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで見る

Amazonとメーカー価格の差は下記のとおりです。

値段
CT70の本来の
メーカー価格
約10,000円
日本で売られてる
CT70の価格
約15,000円以上

また、次項で紹介しますが、日本国内で買うと本物ではない可能性もあります。

③日本国内で販売されているCT70は100%本物とは言い切れない

もし日本国内で販売していたとしても、個人のお店だったり転売だったりするので、本物ではない可能性もでてきます。

仮に偽物を販売していたのがバレても、サイト側はただ閉鎖すればいいだけなので、販売する側もそこまでリスクは高くないんですよね。

なので、自分の知り合いなどの信頼できるサイトでないと、国内のサイトでCT70を購入するのはおすすめしません。

そこで、一般の人が利用しているのが、海外の日本語対応している通販サイトです。

④信用できる海外の大手通販サイトだと安く100%本物が買える

海外の通販サイトと聞いて、怪しむ人も多いと思います。

ただ、有名なブランド品を直で仕入れしている大手の海外通販サイトであれば、その心配は全くなく、メーカー価格で買うことができます。

なので、有名な大手サイトから購入すれば問題ありません。

では次章にて、そのサイトから失敗せずに、CT70を安く購入する選び方を解説します。

【失敗しない】CT70の通販サイトの選び方5つのポイント

コンバースCT70を通販サイトで購入するの失敗しないため、下記の5つの選び方を確認しましょう。

  1. 本物が買えるか
  2. 日本語対応か
  3. 商品の値段の安さ
  4. 送料・関税などの別料金の高さ
  5. 返品の送料はかかるか

では、順番に解説していきます。

①本物が買えるか

コンバースCT70の選び方①本物が買えるか

通販サイトを利用するときに一番気になるのが、コンバースCT70の本物(正規品)が買えるかです。

日本で購入してもAmazonやメルカリで偽物が販売されていることがあるので、海外通販サイトだとさらに怪しく感じてしまいますよね。

そのため、この記事では120%本物が買える海外通販サイトに厳選して紹介しています。

②日本語対応か

コンバースCT70の選び方②日本語対応か

次に、サイト自体やサポートとして日本語の対応があるかです。

英語表記でも一応グーグル翻訳で訳すこと読めることもありますが、正しく翻訳できない場合もあります。

そのため、簡単で、わかりやすく、間違いなく購入するには、サイトが日本語の対応してるのも必須です。

③商品の値段の安さ

コンバースCT70の選び方③商品の値段の安さ

次に、CT70自体の値段も確認しましょう。

理由は、全く同じコンバースCT70(Chuck Taylor ’70)にもかかわらず、サイトによって値段が違うからです。

値段を比較して購入しないと「あっちのサイトの方が安かった」と後悔してしまいますよね。

なお、この記事では全てのサイトのCT70の値段をローカット・ハイカット別に比較しています。

④送料・関税などの別料金の高さ

コンバースCT70の選び方④送料・関税などの別料金の高さ

次に、送料・関税などの商品以外の値段の高さも確認しておきましょう。

海外通販サイトでは商品以外の別料金が発生するので、それらの値段も考慮した実際にかかる費用で比較する必要があります。

関税とは、国と国をまたいで物品が通過されるときにかかる税金のこと

海外通販サイトでは、関税について主に2種類の対応をしています。

  • 商品の値段にもともと関税も含んでいる
  • 商品とは別に関税を請求する

関税は1,000〜2,000円かかりますが、商品代金込みであれば関税を気にせず購入できるので、ユーザーにとって良心的なサイトといえます。

逆に、関税を別料金として請求するサイトは、いわゆる税抜表示で安く見せている手法と同じなので、ユーザーに優しいサイトとはいいにくいです。

この記事では、わかりやすく料金を比較するため、関税も含めた料金はもちろん、送料の高さも含めた実質的な値段で比較しています。

⑤返品の送料はかかるか

コンバースCT70の選び方⑤返品の送料はかかるか

最後に、返品の送料を自己負担する必要があるかです。

返品は基本的にどこも対応しているので商品代金は全額戻ってきますが、送料の負担をどちらがするかはサイトによって異なります。

海外だと送料は2,000円近くかかりますが、送料をサイト側が負担してくれれば安心して購入できますよね。

そのため、この観点でも比較しています。

では、次章でランキングの上位となった通販サイトを紹介します。

【3選】CT70のおすすめの海外通販サイトを紹介

CT70が購入できる海外通販サイトランキングは以下になります。

では、通販サイトで一番おすすめする「SSENSE(エッセンス)」から順に紹介します。

1位「SSENSE(エッセンス)」一足買いならここで間違いない

SSENSE(エッセンス)

SSENSE(エッセンス)」は、カナダに拠点を置いている通販サイトです。

特徴は下記のとおりです。

  • 信頼度が高く、一流ブランドから直接で商品を仕入れている
  • そのため、他の通販サイトよりも安く販売できている
  • すべての商品が本物
  • 関税は商品代金に含まれているので安心
  • 2003年に会社を設立して以来、今は世界150カ国以上に販売している
  • 200以上のファッションブランドを中心に、バックやスマホケースなどの雑貨も取り扱っている

SSENSE」は世界的に有名な通販サイトで、CT70のコンバース以外にもさまざまなハイブランドを取り扱っています。

有名で信頼性のあるサイトなので、一流ブランドから商品を直接仕入れることに成功しており、他の通販サイトよりも安く販売できているのが特徴です。

また、日本語の対応サポートもついているので、日本のファッションに関心のある人がよく利用している印象

CT70を購入するなら、一番有名なサイトなので、一旦どのようなサイトなのかだけでも確認しておきましょう。

なお、SSENSEの買い方などを詳しく知りたい方は「【絶対本物が安く買える】SSENSEのCT70の買い方~商品が届くまでの流れを徹底解説」の記事もあわせて確認するとより失敗せずに購入できます。

2位「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ)」3足のまとめ買いならお得

Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ)」(略してSNS)は、ヨーロッパを中心に拠点を置いているスニーカー専門の通販サイト。

特徴は下記のとおりです。

  • すべての商品が本物
  • コンバースCT70を買うならSSENSEの次に有名
  • 関税は商品代金に含まれていないので注意
  • 2,8000円以内で送料無料
  • 2019年には東京の代官山に実店舗を展開

「Sneakersnstuff」は、スニーカーマニアならほとんどの人が知っているスニーカー専門の通販サイトです。

コンバースだけでなく、アディダス・アシックス・ナイキなども販売しており、日本で売り切れたモデルなども売っていることもあります。

また、2,8000円以内で送料が無料になるのが特徴。なので、CT70を3足分買うのであれば「Sneakersnstuff」の方が少し安くなります。

下記は、CT70のローカットを1~4足分別に購入した場合の、送料・関税込み1足あたりの値段で比較した表です。

SSENSE
(エッセンス)
Sneakersnstuff
(スニーカー
エンスタッフ)
1足分購入の
合計金額
11,750円
(1足あたり11,750円)
13,180円
(1足あたり13,180円)
※関税1,000円の場合
2足分購入の
合計金額
20,750円
(1足あたり10,375円)
23,360円
(1足あたり11,680円)
※関税1,500円の場合
3足分購入の
合計金額
29,750円
(1足あたり9,916円)
29,040円
(1足あたり9,680)
※関税2,000円の場合
※送料無料
4足分購入の
合計金額
36,000円
(1足あたり9,000円)
※送料無料
41,720円
(1足あたり10,430円)
※関税3,000円の場合
※送料無料

このように、3足分の時だけ「Sneakersnstuff」の方が少し安くなります。ただ、CT70を4足分買うのなら、「SSENSE」の方がお得になります。

なので、基本的には「SSENSE(エッセンス)」を利用し、SSENSEが品切れしていた時や3足分のまとめ買いを購入したいときだけは、「Sneakersnstuff」を利用しましょう。

3位「MATCHESFASHION(マッチズファッション)」上位2サイトが品切れ時に利用

「MATCHESFASHION(マッチズファッション)」は、高級ブランド品を取り扱うイギリスの通販サイト。

特徴は下記のとおりです。

  • すべての商品が本物
  • 350以上のブランド品を販売
  • 関税は商品代金に含まれているので安心
  • 住所登録は日本語で入力可能で簡単
  • ブランド品が安く買える

「MATCHESFASHION」は、高級ブランド品を取り扱っており、有名なブランドだと「Gucci(グッチ)」、「Prada(プラダ)」、Stella McCartney(ステラマッカートニー)などがあります。

春夏、秋冬のセール時には最大80%オフになり、ハイブランド品がかなり安く購入できます。

また、住所登録を日本語で入力できるのが便利です。

他の海外通販サイトは、下記(SSENSEの場合)のようにローマ字表記で入力する必要があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-36.png

このローマ字入力はわりと面倒なので、そのストレスがないのは大きなメリットです。

現在、CT70が購入できる唯一の通販サイトなので利用しましょう。

また、海外通販サイトではなく、どうしても日本の通販サイトを利用した場合は次章を確認しましょう。

【2選】日本国内の通販サイトで購入したい方はこちら

僕は日本の通販サイトでCT70を購入したことがないので、これらのサイトが100%本物とは断言できません。そのため、購入するなら自己責任になりますので、ご了承ください。

この章では、日本の通販サイトを利用してコンバースCT70を購入したい方向けに2つの通販サイトを紹介します。

ただし、本記事の2章で解説したように、日本の通販サイトで購入する際は下記2点のことは必ず認識しておきましょう。

では、上記のことを理解したうえで大丈夫という方向けに、以下の2つのサイトを紹介していきます。

RARETEM

RARETEMは、アディダス、コンバース、バンズのスニーカーを主に取り扱っている通販サイト。

海外で展開されていても日本では入手しにくいモデルなどを販売しています。

ただ、少し値段が高いのが欠点です。返品も受け付けていないため、もし購入するならそのことも承知で購入しましょう。

CT70TOKYO-revolt

CT70TOKYO-revolt(リボルト)は、コンバースの商品のみを取り扱っており、CT70も約40種類販売しています。

すべて日本語なので、商品が買いやすいのがよいですね。また、送料が880円と安いのは良心的です。

返品の送料は商品の不良等であれば対応してくれます。

そもそもコンバース「CT70」とは?

ここまで、CT70が購入できる通販サイトを紹介してきましたが、改めてコンバースCT70について紹介しておきます。

「コンバースCT70」の正式名称は、「Chuck Taylor(チャックテイラー)’70」です。

コンバースCT70は、元々チャックテイラーというモデル名で1960年代〜70年代に発売されていた商品で、現代はその復刻版して販売されています。

当時のデザインなどが細かく再現しているのと同時に、現代の技術も取り入れられており、SNSやファッション業界でトップクラスに人気なスニーカーです。

【実際に着用】CT70のサイズ感や履き心地

CT70のサイズ感は少し細長いですが、他のスニーカーと同じサイズ選びで問題ありません。

スニーカーは基本的に、ジャストサイズよりも0.5cm上げるとちょうどよく履けるため、CT70も同じようにワンサイズ上げて購入しましょう。

下記は、僕が履いているアディダス、ニューバランスなどのスニーカーのブランド別のサイズ比較一覧表です。

ブランド
(モデル名)
ジャストサイズ26.5cmの筆者が
普段履いているサイズ
コンバース
(CT70)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ct70-1.jpg
27cm
コンバース
(現行キャンバス
オールスター)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-64.png
27cm
アディダス
(スタンスミス)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-71-1024x679.png
27cm
ナイキ
(エアフォース1)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-72.png
27cm
ニューバランス
(CM996)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-67.png
27cm
ニューバランス
(ML574)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-69.png
27cm
VANS
(オールドスクール)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-70.png
26.5cm
(少し横幅がきついので、
27cmの方が良い)

なお、CT70は履き心地はとてもよいです。

インソール(中敷き)が厚くてクッション性が高いため、長時間履いても疲れません。

CT70のサイズ感や履き心地を詳しく知りたい方は、下記の記事を確認しましょう。

コンバースCT70の人気カラーランキング│トップ3

ここまでの内容で、コンバースCT70の買うべき通販サイトやサイズ感を把握できたと思います。

この章では、Instagramなどの投稿を徹底調査したコンバースCT70の人気カラーランキングを紹介するので、購入するときの参考にしましょう。

カラーランキングのトップ3は下記のとおりです。

順位カラー
(カラー表記)
1位ブラック
(Black/Black/Egret)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-102.png
2位オフホワイト
(Parchment/Garnet/Egret)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-104.png
3位サンフラワー
(Sunflower/Black/Egret)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-105.png

では、一番人気のブラックから紹介していきます。

1位「ブラック」一足は持っておきたい定番カラー

コンバースCT70のブラック

コンバースCT70で一番人気なのは「ブラック(黒)」。

ブラックは一番の定番カラーでどんな服にも合う色です。

また、コンバースは白い糸で生地が縫われているため、黒色だといい感じに糸の色が強調されます。

黒は使い勝手がいいので、黒のスニーカーを持っていない人はまず検討したいカラーです。

>>SSENSEの”メンズ”CT70のブラックはこちら

>>SSENSEの”レディース”CT70のブラックはこちら

2位「オフホワイト」ビンテージ感満載のカラー

コンバースCT70のオフホワイト

コンバースCT70で二番目に人気のカラーは「オフホワイト」。

真っ白よりも少しくすんだ色合いで、ビンテージ感をいっそう感じさせるカラーです。

InstagramでもCT70のオフホワイトの投稿はよく見かけるので、定番色のブラックに次に人気です。

夏にも爽やかさを感じられるて、ジーンズにも合います。

>>SSENSEの”メンズ”CT70のオフホワイトはこちら

>>SSENSEの”レディース”CT70のオフホワイトはこちら

3位「サンフラワー」絶妙な色合いで人気

コンバースCT70のサンフラワー

コンバースCT70で三番目に人気のカラーは「サンフラワー(イエロー)」。

CT70には「イエロー」もありますが、少しオレンジかかったのが、「サンフラワー」です。

この絶妙な色合いは他のブランドのスニーカーではほんどなく、CT70だからこそ買えるカラーともいえます。

Instagramでも人気で、CT70が特に好きという人はだいたい持っているカラーな印象です。

>>SSENSEの”メンズ”CT70のサンフラワーはこちら

>>SSENSEの”レディース”CT70のサンフラワーはこちら

4位以降の人気カラーを確認したい方はこちら

コンバースCT70のカラーは豊富です。

他にも、「グリーン」「パープル」「グレー」など人気な色はあります。

人気なカラーをもっと知りたい方は下記の記事も確認しましょう。

「CT70」と定番の「現行版キャンバスオールスター」の違いは?

コンバースCT70は、現行版キャンバスオールスターは見た目がとても似ていますが、比較すると色々違いがあるのがわかります。

下記は、その違いの一覧表です。

項目コンバースCT70
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ct70-1.jpg
現行キャンバスオールスター
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-64.png
インソールの厚さ厚いので履き心地がよい薄いので足が疲れやすい
シルエット長細い少し細長い
内側の素材温度調節素材特になし
アウトソールの減り丈夫なソールで減りにくいソールが減りやすい
つま先オフホワイトで味があるホワイト
送料込みの値段約12,000円5,500~8,000円
購入サイト海外通販のみAmazon・楽天・ABCマートなど

様々な違いがありますが、一番大きな違いは、CT70はインソールが厚いので履き心地がよい点です。

現行キャンバスオールスターはソールが薄いので履き心地が良いとは言えませんが、CT70はクッション性があり、気持ちよく履けます。

まとめ|CT70の本物が買えるおすすめの通販サイト

結論、コンバースCT70を通販サイトで買うなら「SSENSE(エッセンス)」一択です。

3足のまとめ買いをするなら「Sneakersnstuff(スニーカーズエンスタッフ)」を利用した方が安いですが、SSENSE(エッセンス)」の方が関税込みの値段表記であったり、返品送料がかからないなどサポートが手厚いです。

実際僕もSSENSE(エッセンス)でCT70を購入しています。

もう一度通販サイトのランキングを見たい場合は、本記事1章の「CT70の海外通販サイトおすすめランキング比較表」で改めて確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました