>>【定番ブランド7選】スニーカーのおすすめランキング│履き心地・おしゃれ別に徹底比較<<

【着用レビュー】コンバースCT70のサイズ感の選び方を解説し他スニーカーと比較

スニーカー
スニーカー

2021年10月、CT70の海外輸入の規制により、CT70を取り扱っていた全ての海外通販サイト(以下3つ)で販売が中止されました。

そのため、現状CT70が購入できるのは、「Amazon」のみです。

必ず、ページ内にある購入者のレビューを見て、本物かどうかを確認して購入するようにしましょう。

なお、Amazonの「CT70」の検索結果には、

  • チャック70
  • チャックテイラー’70
  • 復刻三ツ星

などの商品名に違いありますが、これらはどれも同じ「CT70」です。

一番レビュー数が多くて、安い商品を選びましょう。

なお、Amazonの商品を調査したところ、おそらく以下の商品が一番安いと思われます。

規制により、いずれは日本で購入できなくなることが予想されるので、今のうちに購入しておきましょう。

>>Amazonで”CT70の一覧”を見る

コンバースCT70(チャックテイラー’70)のスニーカーを購入する前に、自分に合ったサイズ感を確認しておきたいですよね?

結論、コンバースCT70のサイズ感は縦幅が少し長く、横幅が少しせまいですが、全体的なサイズは通常です。

なので、他ブランドのスニーカーと同じくジャストサイズ+0.5cm大きいサイズ選びで問題ありません。

この記事では、「コンバースCT70」を実際に履いた画像を載せながら、横幅の狭さやかかと・指のきつさなどを細かく紹介し、コンバースCT70のサイズ感を解説します。

スポンサーリンク
  1. 結論│コンバースCT70のサイズ感は他ブランドのスニーカーと同じ
  2. 【着用レビュー】コンバースCT70のサイズ感を徹底解説!0.5cm上げる理由
    1. ①実際に着用してジャストサイズ+0.5cmがちょうどよかった
    2. ②ジャストサイズだと横幅がせまいので足が疲れやすい
    3. ③キャンバス生地なので伸びない
    4. ④靴紐をきつめに結ぶとコンバースCT70のシルエットが良くなる
    5. ⑤冬に厚い靴下を履くことを想定する
    6. ⑥デカ履きしたい人は1.5cm〜2.5cm上げる
    7. まとめ
  3. コンバースCT70のサイズ感の口コミを確認(Amaon・ヤフー知恵)
  4. コンバースCT70と現行キャンバスオールスターのサイズ感の違い
    1. 縦幅はCT70の方が約0.5cm大きい
    2. 横幅はCT70の方がほんの少し小さい
    3. まとめ
  5. 【重要】コンバースCT70のサイズ表・USサイズ表記について
  6. コンバースCT70の履き心地はとてもいい
    1. インスソールのクッションが厚いので長時間履いても疲れない
    2. 温度調節素材が使用されて年中通して気持ちよく履ける
    3. サイドにベンチレーション(通気口)があり蒸れを軽減
    4. ほどよい重さで安定感がある
    5. 履き心地のまとめ
  7. そもそもコンバースCT70とは?
  8. コンバースCT70の特徴
    1. メリット①インソール(靴中のソール)が厚くて履き心地がよい
    2. メリット②ツヤや色合いがよくてビンテージ感がありおしゃれ
    3. メリット③生地が厚くて耐久性があるので長く履ける
    4. メリット④カラー展開が豊富でおしゃれを楽しめる
    5. デメリット①雨の日に履けない
    6. デメリット②海外通販サイトでしか買えない
    7. デメリット③現行キャンバスオールスターに比べると高い
  9. コンバースCT70と現行キャンバスオールスターの違い一覧表
    1. コンバースCT70がおすすめな人
    2. 現行キャンバスオールスターがおすすめな人
  10. コンバースCT70の人気カラーランキング│トップ3
    1. 1位「ブラック」一足は持っておきたい定番カラー
    2. 2位「オフホワイト」ビンテージ感満載のカラー
    3. 3位「サンフラワー」絶妙な色合いで人気
    4. 4位以降の人気カラーを確認したい方はこちら
  11. 【絶対お得】コンバースCT70はSSENSEで買うべき
  12. 【徹底比較】スニーカーの総合ランキングトップ3はこちら
  13. コンバースCTのサイズ感や履き心地のまとめ

結論│コンバースCT70のサイズ感は他ブランドのスニーカーと同じ

コンバースCT70
コンバースCT70のサイズ項目内容
全体的なサイズ普通
縦幅のサイズ少し長い
横幅のサイズ少しせまい

コンバースCT70のサイズ感は縦幅が他のスニーカーよりも少し長く、横幅がせまいですが、全体的な大きさのサイズ感は普通です。

なので、基本的に他のスニーカーと同じサイズ選びで問題ありません。

なお、スニーカーは基本的に、ジャストサイズよりも0.5cm上げた方が足が圧迫されないのでおすすめです。

僕の靴のジャストサイズは26.5cmなのですが、スニーカーはすべて+0.5cm上げて履いています。

下記は、僕が履いているアディダス、ニューバランスなどのスニーカーのブランド別のサイズ比較一覧表です。

ブランド
(モデル名)
ジャストサイズ26.5cmの筆者が
普段履いているサイズ
コンバース
(CT70)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ct70-1.jpg
27cm
コンバース
(現行キャンバスオールスター)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-64.png
27cm
アディダス
(スタンスミス)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-71-1024x679.png
27cm
ナイキ
(エアフォース1)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-72.png
27cm
ニューバランス
(CM996)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-67.png
27cm
ニューバランス
(ML574)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-69.png
27cm
VANS
(オールドスクール)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-70.png
26.5cm
(少し横幅がきついので、
27cmの方が良い)

上記と同じブランドのスニーカーを持っている場合は、それと同じサイズを買えば問題ありません。

なお、上記のスニーカーを持ち合わせていない場合は、次章にて実際に着用したサイズ感を詳しく解説しているので確認しましょう。

【着用レビュー】コンバースCT70のサイズ感を徹底解説!0.5cm上げる理由

この章では、コンバースCT70のサイズ感について、実際に着用した様子を画像付きで紹介します。

また、サイズの選び方として、ジャストサイズから0.5cm上げるべき理由を7つにわけて解説します。

  1. 実際にジャストサイズ+0.5cmを着用してちょうどよかった
  2. ジャストサイズだと横幅がせまいので足が疲れやすい
  3. キャンバス生地なので伸びない
  4. 靴紐をきつく結ぶとシルエットが良くなる
  5. 冬に厚い靴下を履くことを想定する
  6. デカ履きしたいのであれば1.5cm以上あげる
  7. まとめ

では、ひとつずつ丁寧に解説していきます。

①実際に着用してジャストサイズ+0.5cmがちょうどよかった

コンバースCT70

まず、コンバースCT70のサイズ感は、ジャストサイズ+0.5cm上げてちょうど良かったです。

なお、僕の足のスペックは下記になります。

僕の足のスペック
  • 靴のジャストサイズ:26.5cm
  • 足長:25.5cm(足のかかとからつまさきまでの長さ)
  • 足囲:25cm(足幅の一周の長さ)
  • 靴幅:EE(足長、足囲からA~Fで判定されるもの)
足のサイズ

>>【記事】足のサイズの測り方をわかりやすく解説

僕の靴のジャストサイズは26.5cmですが、コンバースCT70は横幅がせまいという情報を見たので、ジャストサイズより0.5cm大きめの27cm(US8.5)を買いました

結果、めちゃくちゃちょうどよいサイズ感で安心しました。

僕は靴幅がEEで若干幅広なので、コンバースCT70を実際に履くまで少し不安だったのですが、0.5cm大きいサイズを買ったことで横幅、縦幅になんの違和感もなく履けてストレスなく歩けます

かかとには人差し指がぎりぎり入るくらいの隙間があります。

コンバースCT70のサイズ感

ちょうど一本分の指が入ると大きすぎるので、これぐらいがちょうどよいです。

ほどよくゆるい感じもあり、快適に履けています。

②ジャストサイズだと横幅がせまいので足が疲れやすい

コンバースCT70

コンバースCT70はサイズを0.5cm上げないと、横幅がせまいので足がきつく感じます

CT70は特にアメリカ人向けに作られているので、幅広の日本人には少し細く感じてしまうんですよね。

足が圧迫されると歩きづらくなりますし、足に負担もかかり疲れやすいです。

そこで、縦幅ではなく横幅が狭いというとに合わせて0.5cm上げることで横幅の圧迫感は解消されます。

スニーカーは歩きやすさが最大のメリットでもあるので、なるべくストレスなく履くためにも、横幅は圧迫させないように0.5cm上げましょう。

③キャンバス生地なので伸びない

これは、コンバースの特徴でもありますが、コンバースのスニーカーはほとんどキャンバス生地でできています。

コンバースCT70の生地

キャンバス素材なので、軽やかで風合いがよいというメリットはありますが、ニューバランスのスウェード生地のように足に馴染んで伸びるということはありません。

ニューバランスCM996の素材

そのため、他のスニーカーのように履けば履くほど伸びてくるということはないので、ジャストサイズよりも、少し余裕を持たせたサイズを購入するべきです。

④靴紐をきつめに結ぶとコンバースCT70のシルエットが良くなる

コンバースCT70は細身の靴というのもあり、靴紐をしっかり結んだ方が元々のシルエットの良さが出ます。

ジャストサイズだと、横幅がきつくて生地が横いっぱいに広がり、靴をしっかり縛れないんですよね。

下記は、CT70の靴紐をゆるめた時と、靴紐をきつく結んだ時のを比較した画像です。

コンバースCT70

左右で比較すると、紐をきつく結んで細くした右側の方がきっちりしてかっこよく見えませんか?

少し横幅に余裕を持たせてサイズを上げることで靴紐をきつく結べるようになり、コンバースCT70の細身のシルエットを活かせすことができます。

⑤冬に厚い靴下を履くことを想定する

4足の靴下

CT70をジャストサイズで購入してしまうと、もし冬場に厚い靴下を履いた場合に足がさらに圧迫されてしまいます。

下記画像のとおり、厚い靴下を履いた場合、かかとに指が入らないくらいのサイズ感になりました。

コンバースCT70の靴下を履いた時のサイズ感

そのため、厚い靴下を履いた上で履くことを想定して、0.5cmほど上げておくと上記画像のように履けるので便利です。

僕はユニクロのヒートテックの厚い靴下をよく履いているので、ワンサイズ上げて購入しておくのはわりと重要な要素だったりします。

⑥デカ履きしたい人は1.5cm〜2.5cm上げる

ただ、コンバースCT70はあえて大きめに履く「デカ履き」というのが昔から流行っています。

上記でも解説しましたが、「デカ履き」をすると、より紐をしっかり縛れるため、シルエットが細く見えてかっこいいというメリットがあります。

もう一度同じ比較した画像をお見みせします。

コンバースCT70

しっかりと紐を結んで羽を閉じた方がスマートなシルエットに見えます。

ただし、デカ履きをすると履き心地が悪くなり、ソールの減りも早くなるのため、靴の寿命を短くする可能性もあります。

まとめ

ここまでCT70のサイズ感に関することを解説をしてきましたが、結論、横幅が狭いので合わせてジャストサイズよりも「0.5cm」上げましょう

また、デカ履きをしたい場合は1.5〜2.5cm上げて購入をしましょう。

ただ、デカ履きをすると履き心地は悪くなるため、個人的には、ジャストサイズから0.5cm上げるのが、一番無難です。

コンバースCT70のサイズ感の口コミを確認(Amaon・ヤフー知恵)

僕の意見だけでなく、コンバースCT70のサイズ感の他の人の口コミを確認したい場合もあると思うので、Amazonやヤフー知恵袋で口コミを集めました。

すると、「0.5cm上げてよかった」「現行キャンバスオールスターイズと同じ」という口コミがありました

サイズは8ハーフでちょうど良いです。0.5センチ上げて頼みました。

Amazon

普段26.5ですが、US8.5でちょうどいい感じでした。履き心地も良く満足です。

Amazon

質問:コンバース のオールスターとチャックテイラーのサイズ感は同じですか?

回答:だいたい同じですがct70の方が細身です。ただ購入の際はサイズアップなどしなくてもいいと思います。

Yahoo!知恵袋

日本のコンバースでも27センチを履いてますが、同じ27センチでサイズ感はちょうど良かったです。

Amazon

質問:コンバースct70を購入しようと思っているのですが、サイズは普段履きと同じものを購入した方がいいですか?普段はナイキのエアフォース1の27cmを履いてます。

回答:US8.5で大丈夫だと思います。

Yahoo!知恵袋

靴のサイズは、普段ABCマートとかで売っている靴のサイズ感と同じで大丈夫だと思います。僕のサイズ感は、ニューバランス996だと26-26.5cm、ナイキairmaxだと26cm、converse madeinjapanだと27cmを履いています。そんな僕は、このconverse ct70を26cmで買いましたがサイズはぴったりでした。横幅も大きめの僕(3E〜4E)ですが、紐をゆるく履けば大丈夫です。

Amazon

このように、コンバースCT70はジャストサイズよりも0.5cm上げた方をおすすめします。

また、他のブランドのスニーカーも同じサイズで問題ないという意見も多く、これも自分と同じ見解です。

特に、現行キャンバスオールスターのサイズ感とはほぼ同じなので、もし定番のオールスターをすでに持っている人がいれば、同じサイズを購入しましょう。

コンバースCT70と現行キャンバスオールスターのサイズ感の違い

この章では、同じサイズ(cm)のコンバースCT70と現行キャンバスオールスターのサイズを履いている筆者が、縦幅と横幅のサイズ感の違いについて解説します。

結論、コンバースCT70と現行キャンバスオールスターはサイズ感がほぼ同じなので、同じサイズ(cm)を購入し大丈夫です。

サイズ項目CT70 現行キャンバス
オールスター
全体のサイズ同じ同じ
縦幅気持ち大きい
横幅気持ち小さい

なお、「cm表記」と「US表記」はCT70と現行キャンバスオールスターでは違うので、US表記ではなく、同じcmのものを購入しましょう。

サイズ表について先に知りたい方は、本記事の5章の「コンバースCT70のサイズ表・USサイズ表記について」をご確認ください。

では、以下から、コンバースCT70と現行キャンバスオールスターのサイズ感について比較していきます。

縦幅はCT70の方が約0.5cm大きい

まず、縦幅を比較すると、CT70の方が現行キャンバスオールスターよりも0.5cm大きいです。

2つの靴裏を合わせて比較してみました。

コンバースCT70と日本製オールスターの縦幅の比較
コンバースCT70と日本製オールスターの縦幅の比較

ただ、外観では0.5cmの差がありますが、実際に履いてみるとほぼ違いはありません。

かかとの隙間を比べてもほぼ同じなので、違いはないと考えていいです。

コンバースCT70と日本製オールスターの縦幅の比較

次項では横幅を比較します。

横幅はCT70の方がほんの少し小さい

実際に履いて横幅を比較してみると、CT70の方が現行キャンバスオールスターよりもほんの少し小さく感じます。

といっても並べてみるとほとんど同じなので、差はないといってもいいくらいです。

コンバースCT70と日本製オールスターの横幅の比較

CT70の方が横幅が小さく感じるのは、おそらくCT70の方が生地がしっかりしていて横に広がりにくいだけだと思います。

現行キャンバスオールスターは生地が薄くてテロテロな素材感なので、横に広がりやすく、狭いという感覚自体があまりありません。

コンバースCT70と日本製オールスターの比較

なので、縦幅同様、実際に履いてみると横幅がほんの少し小さく感じるだけでほぼ違いはありません。

まとめ

CT70と現行キャンバスオールスターの縦幅と横幅のサイズ感を比較しましたが、まとめると、2つは実際に履いてみると違和感がないぐらいに同じなので同じサイズ選びになります

なので、どちらか一方を持っている場合は、2種類とも同じサイズ(cm)を購入しましょう。

ただ、USサイズ表記はCT70と現行キャンバスオールスターで異なるため、次章で紹介します。

【重要】コンバースCT70のサイズ表・USサイズ表記について

コンバースCT70のサイズ表記には、3つの注意点があります。

  • cm表記ではなくアメリカのUS表記で記載されている
  • メンズとレディースでUSサイズが違う
  • 現行キャンバスオールスターのUS表記とも違う

そこで、CT70のサイズをわかりやすくするために、cm表記をそれぞれのUSサイズに換算した一覧表を作成しました。

JPサイズ
(日本)
USサイズ
CT70
(メンズ)
USサイズ
CT70
(レディース)
USサイズ
現行キャンバス
オルスター
24cm575.5
24.5cm5.57.56
24.5cm686
25cm6.58.56.5
25.5cm797
26cm7.59.57.5
26.5cm8108
27cm8.510.58.5
27.5cm9119
28cm9.511.59.5
28.5cm101210

なお、24.5cmが2サイズありますが、これは間違いないではありません。

もし、メンズで「5.5」と「6」でどちらを買うか迷った場合は、「6」の方が少しだけ大きめなので、足が幅広の場合は「6」の方を購入するといいでしょう。

ちなみに、僕が購入したのは「27cm」なので、購入した箱にはサイズ表通り「メンズだと8.5」、「ウィメンズだと10.5」と記載されています。

コンバースCT70のサイズ

なお、韓国版のCT70のサイズ表記は「mm」です。こちらは、単純にmm(ミリ)表記なので、「27cm」だと「270mm」という換算になります。

では、次章からはコンバースCT70の履き心地や歩きやすさについて解説します。

コンバースCT70の履き心地はとてもいい

ここまで、コンバースCT70のサイズについて解説してきましたが、この章では、履き心地や歩きやすさについて詳しく解説します。

結論、コンバースCT70は履き心地がとても良いので、長時間歩いても疲れにくいです。

では、履き心地の特徴を以下から解説していきます。

  1. インスソールのクッションが厚いので長時間履いても疲れない
  2. 温度調節素材が使用されて年中通して気持ちよく履ける
  3. サイドにベンチレーション(通気口)があり蒸れを軽減
  4. ほどよい重さで安定感がある

ひとつずつ詳しく紹介します。

インスソールのクッションが厚いので長時間履いても疲れない

まず、CT70の特に良いところがソールのクッションが厚くて、足の衝撃を吸収してくれるところです。

コンバースCT70のインソール

このように見た目でもわかりますが、履いた瞬間にクッションのやわらかさが感じとれました。

また、実際に指で押し込んでみましたが、クッションがしっかりしています。

コンバースCT70のインソール

現行キャンバスのコンバースはソールが薄いのが欠点ですが、CT70の履き心地は良好です。

たまに、「CT70のクッション性がそこまでよくはない」という意見も見かけますが、それは2018年より前の旧型のCT70になると思います。

2018年以降にインソールは改良されてさらに良くなったので、今のCT70のソールのクッションはとてもいいです。

温度調節素材が使用されて年中通して気持ちよく履ける

また、コンバースCT70の内側には、温度調節素材「OUTLAST (アウトラスト)」が使用されています。

コンバースCT70の温度調節素材「OUTLAST (アウトラスト)

そのため、夏の厚いときは温度を冷ましてくれ、冬の寒いときには温めてくれる仕様になっています。

年中通して気持ちよく履けるように配慮されているので、履き心地にもストレスを感じにくいです。

サイドにベンチレーション(通気口)があり蒸れを軽減

CT70には、現行キャンバスオールスターと同じように内側にはベンチレーション(通気口)が施されています。

コンバースCT70のベンチレーション(通気穴)

通気性がよく、ほどよく蒸れが軽減されるため、履き心地を快適にしてくれます。

ほどよい重さで安定感がある

コンバースCT70は軽い方とは言えませんが、ほどよい重みがあり安定性に優れているといえます。

コンバースCT70の片足の重さ

下記は、他のスニーカーの重さと比較した表です。

ブランド(スニーカー名)重さ
コンバースCT70
(27cm)
450g
コンバース現行キャンバスオールスター
(27cm)
374g
スタンスミス
(27cm)
353g
VANSオールドスクール
(26.5cm)
329g
ニューバランスCM996
(27cm)
310g

コンバースCT70は他のスニーカーと比べると少し重めですが、歩くのにストレスを感じるほどではありません。

そのぶん生地がしっかりしているという特徴があります。

履き心地のまとめ

コンバースCT70の履き心地について、下記4点について解説しました。

  1. インスソールのクッションが厚いので長時間履いても疲れない
  2. 温度調節素材が使用されて年中通して気持ちよく履ける
  3. サイドにベンチレーション(通気口)があり蒸れを軽減
  4. ほどよい重さで安定感がある

改めて結論を書きますが、コンバースCT70は履き心地がとても良いので、長時間歩いても疲れにくいのでとてもおすすめです。

では、次章で改めてコンバースCT70について解説してきます。

そもそもコンバースCT70とは?

コンバースCT70

ここまで、コンバースCT70を実際に履いたサイズ感や履き心地を紹介してきましたが、「コンバースCT70ってそもそも何?」という方もいると思うので、簡単に紹介します。

「コンバースCT70」の正式名称は、「Chuck Taylor(チャックテイラー)’70」です。

コンバースCT70は、元々チャックテイラーというモデル名で1960年代〜70年代に発売されていた商品で、現代はその復刻版して販売されています。

当時のデザインなどが細かく再現しているのと同時に、現代の技術も取り入れられており、SNSやファッション業界でトップクラスに人気なスニーカーです。

では、そのコンバースCT70の特徴について、画像付きで解説していきます。

コンバースCT70の特徴

この章では、コンバースCT70の特徴について、メリット・デメリットにわけて解説します。

では、まずはメリット面から順に解説していきます。

メリット①インソール(靴中のソール)が厚くて履き心地がよい

コンバースCT70の最大の特徴は、厚みのあるインソールのクッション性です。

コンバースCT70のインソール

現行キャンバスオールスターはインソールが薄いので、足に負担がかかりやすいという欠点がありますが、CT70はこの欠点をなくしています。

メリット②ツヤや色合いがよくてビンテージ感がありおしゃれ

次に、ビンテージ感にあふれておしゃれなところです。

CT70はソールやつま先周り、靴紐の色が真っ白ではなく、少しくすんだオフホワイトになっています。

現行キャンバスオールスターは真っ白のホワイトなので、比べてみるとよくわかります。

コンバースCT70の色合い

CT70はとてもいい雰囲気を出しています。実際に商品を見て、「現行キャンバスオールスターよりもCT70の方がいい」という魅力が改めてわかりました

メリット③生地が厚くて耐久性があるので長く履ける

コンバースCT70は風合いのあるキャンバス生地が使用されていますが、ジーンズのように生地が厚く、しっかりとした頑丈さもある生地感です。

コンバースCT70と日本製オールスターの生地の比較

また、サイドに当て布も使用されており、頑丈さもさらにプラスされています。

コンバースCT70の当て布

キャンバス生地とはいえ、耐久性や頑丈さがあるので長期間履けるのがメリットです。

メリット④カラー展開が豊富でおしゃれを楽しめる

コンバースCT70のカラー一覧

また、コンバースCT70はカラー展開が豊富なのも良いところです。

新色も定期的に出ており、変わったデザインカラーなども含めると30色近く販売しています。

また、コンバースCT70は色合いがおしゃれで、はっきりとした目立つカラーやくすんだカラーまで幅が広いです。

どんなカラーがあるのか気になる方は、本記事の10章「コンバースCT70の人気カラーランキング│トップ3」にスキップしましょう。

次項からは、コンバースCT70の3つのデメリットを紹介します。

デメリット①雨の日に履けない

コンバースCT70を利用していて一番に感じるデメリットは、雨や雪の日に履けないことです。

なぜなら、キャンバス生地素材のため水が浸透しやすく、内側の通気穴からも水が入るからです。

コンバースCT70

一応「MARQUEE PLAYER(マーキープレイヤー)」などの防水スプレーを使うと水を弾くことができますが、隙間から水は入ってしまうでしょう。

なので、川辺などのキャンプや、雨雪の日なども履くのをやめておいた方が無難です。

デメリット②海外通販サイトでしか買えない

次のデメリットは、コンバースCT70は日本で販売していないく、海外の通販サイトを利用する必要があることです。

コンバースCT70の注文画面

Amazonや楽天などのようにワンクリックで購入できないので、他のスニーカーに比べると少し敷居が高くなってしまうでしょう。

ただ、そのぶん希少性は高く、質も高いので、コンバースCT70はとても人気です。

なお、海外通販サイトでも、「SSENSE」だと簡単に安く確実に本物を買えるので、そこまで難しくもありません。

SSENSE」について今すぐ詳しく知りたい方は、本記事の「【絶対お得】コンバースCT70はSSENSEで買うべき」までスキップしましょう。

デメリット③現行キャンバスオールスターに比べると高い

最後のデメリットは、現行キャンバスオールスターに比べると少し高いことです。

値段の比較は下記になります。

CT70現行キャンバスオールスター
送料込みの値段約12,000円5,500~8,000円

ただ、そのぶん履き心地はよく、ビンテージ感あふれるデザインも良いので、少し高くなるのはしょうがないかもしれません

なお、CT70と現行キャンバスオールスターとの比較を詳しく知りたい方場合は、次章を確認しましょう。

コンバースCT70と現行キャンバスオールスターの違い一覧表

コンバースCT70は、現行のキャンバスオールスターは見た目がとても似ていますが、比較すると色々違いがあるのがわかります。

下記は、その違いの一覧表です。

項目コンバースCT70
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ct70-1.jpg
現行キャンバスオールスター
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-64.png
インソールの厚さ厚いので履き心地がよい薄いので足が疲れやすい
シルエット長細い少し細長い
内側の素材温度調節素材特になし
アウトソールの減り丈夫なソールで減りにくいソールが減りやすい
つま先オフホワイトで味があるホワイト
送料込みの値段約12,000円5,500~8,000円
購入サイト海外通販のみAmazon・楽天・ABCマートなど

様々な違いがありますが、一番大きな違いは、CT70はインソールが厚いので履き心地がよい点です。

オールスターはソールが薄いので履き心地が良いとは言えませんが、CT70はクッション性があり、気持ちよく履けます。

では、この2つのどちらがおすすめなのかという話ですが、結論、スニーカーを重視する内容で変わります。

次項で、それぞれの重視別におすすめな人を紹介します。

コンバースCT70がおすすめな人は下記のおりです。

  • 履き心地のよいコンバースを履きたい
  • ビンテージ感のあるおしゃれなスニーカーを履きたい
  • 現行キャンバスオールスターよりもワンランク上のスニーカーを履きたい
  • 送料込みの値段が約12,000円するが許容範囲内である
  • 海外通販サイトの注文を惜しまない

該当する場合は次章の「【絶対お得】コンバースCT70はSSENSEで買うべき」を確認して注文しましょう。

では、次に現行キャンバスオールスターのおすすめな人を紹介します。

一方、現行キャンバスのオールスターがおすすめな人は下記の通りです。

  • とりあえずコンバースのスニーカーが買いたい
  • 約5,000円で安くスニーカーを買いたい
  • Amazonや楽天で簡単に注文したい

個人的には、まだ現行キャンバスオールスターを持っていない人は、CT70よりも前にこちらを購入してもいいと思います。

なぜなら、現行キャンバスオールスターもコスパがよくて普通に良いスニーカーだからです。

また、現行キャンバスオールスターとCT70は同じサイズ(cm)になるので、一度サイズの確認をすることもできます。

現行キャンバスオールスターの方がAmazonや楽天で簡単に安く購入できるため、「とりあえずコンバースが欲しいな」という気持ちがあるなら、下記から注文しましょう。

CONVERSE(コンバース)
¥5,280 (2021/10/21 07:04時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は無料で試着可能(※在庫あれば)/
Amazonで見る
\ゾロ目の日限定クーポン配布中!/
Yahooショッピングで見る

なお、現行キャンバスオールスターについて詳しく知りたい方は、下記の記事を確認しましょう。

コンバースCT70の人気カラーランキング│トップ3

ここまでの内容で、コンバースCT70の買うべき通販サイトやサイズ感を把握できたと思います。

この章では、Instagramなどの投稿を徹底調査したコンバースCT70の人気カラーランキングを紹介するので、購入するときの参考にしましょう。

カラーランキングのトップ3は下記のとおりです。

順位カラー
(カラー表記)
1位ブラック
(Black/Black/Egret)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-102.png
2位オフホワイト
(Parchment/Garnet/Egret)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-104.png
3位サンフラワー
(Sunflower/Black/Egret)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-105.png

では、一番人気のブラックから紹介していきます。

1位「ブラック」一足は持っておきたい定番カラー

コンバースCT70のブラック

コンバースCT70で一番人気なのは「ブラック(黒)」。

ブラックは一番の定番カラーでどんな服にも合う色です。

また、コンバースは白い糸で生地が縫われているため、黒色だといい感じに糸の色が強調されます。

黒は使い勝手がいいので、黒のスニーカーを持っていない人はまず検討したいカラーです。

>>SSENSEの”メンズ”CT70のブラックはこちら

>>SSENSEの”レディース”CT70のブラックはこちら

2位「オフホワイト」ビンテージ感満載のカラー

コンバースCT70のオフホワイト

コンバースCT70で二番目に人気のカラーは「オフホワイト」。

真っ白よりも少しくすんだ色合いで、ビンテージ感をいっそう感じさせるカラーです。

InstagramでもCT70のオフホワイトの投稿はよく見かけるので、定番色のブラックに次に人気です。

夏にも爽やかさを感じられるて、ジーンズにも合います。

>>SSENSEの”メンズ”CT70のオフホワイトはこちら

>>SSENSEの”レディース”CT70のオフホワイトはこちら

3位「サンフラワー」絶妙な色合いで人気

コンバースCT70のサンフラワー

コンバースCT70で三番目に人気のカラーは「サンフラワー(イエロー)」。

CT70には「イエロー」もありますが、少しオレンジかかったのが、「サンフラワー」です。

この絶妙な色合いは他のブランドのスニーカーではほんどなく、CT70だからこそ買えるカラーともいえます。

Instagramでも人気で、CT70が特に好きという人はだいたい持っているカラーな印象です。

>>SSENSEの”メンズ”CT70のサンフラワーはこちら

>>SSENSEの”レディース”CT70のサンフラワーはこちら

4位以降の人気カラーを確認したい方はこちら

コンバースCT70のカラーは豊富です。

他にも、「グリーン」「パープル」「グレー」など人気な色はあります。

人気なカラーをもっと知りたい方は下記の記事も確認しましょう。

【絶対お得】コンバースCT70はSSENSEで買うべき

ここまで、サイズ感や履き心地、特徴、人気の色などを紹介してきましたが、この章ではコンバースCT70を購入する方法を紹介します。

結論、コンバースCT70は「SSENSE」で購入すべきです。

なぜなら、下記の理由があります。

  1. CT70は基本的に日本で買えない
  2. 日本で買えたとしても定価の2倍の値段で販売している
  3. たまにメルカリで販売しているが偽物が多い
  4. 海外通販サイトのSSENSEは安全・安い・簡単の三拍子揃っている

下記は、コンバースCT70が購入できる海外通販サイトの比較表ですが、比較してみるとSSENSE一択なのがわかります。

SSENSE
(エッセンス)
Sneakersnstuff
(スニーカーズ
エンスタッフ)
MATCHESFASHION
(マッチズファッション)
本物の販売
日本語対応
CT70(ローカット)の
値段

8,500円

9,680円
×
11,290円
送料
2,750円
(35,000円以上で無料)

2,300円
(28,000円以上で無料)

2,300円
(28,000円以上で無料)
関税
商品代金込み
×
1,000〜2,000円

商品代金込み
返品送料
無料

自己負担

無料
注文から
到着まで
3〜5日3〜5日3〜5日

SSENSE」は関税が商品代込みなので、一番値段が安くて安定しています。

SSENSEのCT70購入方法を知りたい方は、下記の記事を確認しましょう。

>>【絶対本物が安く買える】SSENSEのCT70の買い方~商品が届くまでの流れを徹底解説

【徹底比較】スニーカーの総合ランキングトップ3はこちら

コンバースCT70以外にも、他のおすすめのスニーカーを知りたい場合もあると思います。

下記は、7つの人気ブランドに厳選して徹底比較したスニーカー総合ランキングトップ3です。

※モデル名をクリックするとレビュー記事に移動します。

順位ブランド
(モデル名)
合計点おしゃれ履き心地最安値世間の人気
1位ニューバランス
(CM996)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-67.png
16.8点4.5点4.5点3.0点
9,520円〜
4.7点
2位コンバース
(現行キャンバス
オールスター)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-64.png
16.5点4.5点2.5点4.5点
5,280円〜
5.0点
3位ニューバランス
(ML574)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-69.png
16.0点3.0点5.0点4.0点
6,981円〜
4.0点

また、3位以外の総合ランキングや、「おしゃれ重視」「履き心地重視」などのそれぞれに重視したランキングが知りたい場合は、下記の記事を確認しましょう。

>>【人気ブランド7選】スニーカーのおすすめランキング│履き心地・おしゃれ別に徹底比較

コンバースCTのサイズ感や履き心地のまとめ

結論、コンバースCT70のサイズ感は縦幅が少し長く、横幅が少しせまいですが、全体的なサイズは通常です。

なので、他ブランドのスニーカーと同じくジャストサイズ+0.5cm大きいサイズを選びで問題ありません。

なお、「コンバースCT70のサイズ表記」について、下記の点に注意しましょう。

  • cm表記ではなくアメリカのUS表記で記載されている
  • メンズとレディースでUSサイズが違う
  • 現行キャンバスオールスターのUS表記とも違う

また、コンバースCT70のメリット・デメリットは下記のとおりです。

また、コンバースCT70は日本では購入できない、もしくは値段が高いため、海外通販サイトの「SSENSE」で購入するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました