>>【定番ブランド7選】スニーカーのおすすめランキング│履き心地・おしゃれ別に徹底比較<<

【着用レビュー】スタンスミスの履き心地は最初だけ悪い!ベロに注意!

スニーカー
スニーカー

アディダスのスタンスミスのスニーカーを購入する前に、実際に履いた感想や口コミなどを確認しておきだいですよね?

結論、スタンスミスの履き心地は総合的に見てとても良く、長時間履いても疲れにくいスニーカーです。

ただ、最初だけはシュータン(ベロ)がスネに当たって痛いですが、慣れてくると特に気にならなくなり、快適に履けるようになります。

この記事では、筆者が普段から履いている「スタンスミスのオリジナル版(品番:FX5521)」について、実際に画像も載せながら、履き心地の悪いところ、良いところにわけて解説します。

スタンスミスの種類にはオリジナル版とABCマート版が存在しますが、この記事ではオリジナル版「品番:FX5521」の記事になります。

なお、個人的には、少し高いですがオリジナル版の方がおすすめです。詳しく知りたい場合は、本記事6章の「スタンスミスのオリジナル版とABCマート版の違い」を確認しましょう。

adidas(アディダス)
¥9,790 (2021/09/18 20:00時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで見る

スタンスミスの履き心地│悪いところ

まずは、一番知りたいであろう、スタンスミスの履き心地の悪いところから紹介します。

それは以下の2つです。

では、順に解説します。

最初はシュータン(ベロ)が当たって痛い

スタンスミスは、最初はシュータン(ベロ)がスネの下部に当たって少し痛いです。

特に、階段の上り下りの時は擦れるように食い込んできます。

アディダスのスタンスミスのシュータン(ベロ)
アディダスのスタンスミスのシュータン(ベロ)

しかし、1、2週間も履いていると革がやわらかくなるのか、自然と痛みは全く感じなくなります

はじめは買って失敗したなと思ったりしていたのですが、いつの間にか気にならなくなっていました。

なお、最初の痛みを軽減する対策として、紐を一番上まで通すとシュータン(ベロ)が固定されてマシになります

アディダススタンスミスのスニーカー

それでも、走ったりよく動いたりすると少し痛くなるとは思いますが、ある程度は気にならないぐらいにはなるので買ったときは試してみましょう。

また、くるぶしソックスだとスネに直接シュータン(ベロ)が当たってしまうので、少し丈の長いソックスを履くとより痛みをカバーできるようになります。

スニーカーは重いわけではないが軽くもない

スニーカーの重さが軽い場合、軽快に歩けるので足は疲れにくいというメリットがあります。

スタンスミスは重さは平均的で、軽いわけではありません。(重たいわけでもないですが)

重さを測ってみたところ、片足353gです。

アディダスのスタンスミスの重さ

下記は、スタンスミスと他の定番スニーカーの重さと比較した表です。

ブランド
(モデル名)
片足の重さ
コンバース
(CT70)
450g
コンバース
(現行版オールスター)
374g
アディダス
(スタンスミス)
353g
ナイキ
(エアフォース1)
332g
VANS
(オールドスクール)
329g
ニューバランス
(ML574)
313g
ニューバランス
(CM996)
310g

スタンスミスにはレザー素材が使用されています。

素材がしっかりしている上にコンバースよりも軽いので、履き心地はよいともいえます。

ただ、ニューバランスやナイキなどの軽量の王道スニーカーと比べるとやはり少し重さは感じます。

まあ、そこまで重いということでもないので、大きなデメリットとはいえないてしょう。

スタンスミスの履き心地│良いところ

スタンスミスの履き心地の良いところは以下の〇つです。

順に解説していきます。

やわらかいレザーなので足に馴染む

スタンスミスにはやわらかいレザーが使用されており、良い感じに足に馴染むため、履いていても不快感は特に感じません。

アディダスのスタンスミスのレザー
アディダスのスタンスミスのレザー

実際に履いて紐を結ぶと、良い感じに包み込まれるイメージです。

アディダスのスタンスミスのレザー

他のスニーカーでいうと、VANSオールドスクールなどは皮が固くて足に馴染みにくく、コンバースオールスターはペラペラな素材だったりするので、履き心地はスタンスミスの方が快適です。

なお、アディダスオリジナル版で使用される素材は、2020年12月から「天然素材」→「リサイクル素材」へと変わりました。

このリサイクル素材の合成皮革は、以前の天然皮革ほど足の馴染むわけではありません。

しかし、そのぶん入念な手入れなどは必要ないので、よいバランス感のあるスニーカーになったと感じています。

アウトソール(靴底)は滑りにくいので歩きやすい

スタンスミスのアウトソール(靴底)は凹凸のあるツブツブが敷き詰められています。

アディダスのスタンスミスのソール

スタンスミスはテニスシューズが元になっているため、このゴム製の凹凸のおかげでグリップ力があります。

このソールが雨で滑りやすくなっている地面でも滑り止めの役割をしてくれるので、歩きやすいです。

インソール(中敷き)のクッション性よい

スタンスミスのインソール(中敷き)のクッション性はそこそこ高くフカフカしています。

なので、歩くときの足への衝撃もうまく吸収してくれます。

インソールのクッション性に関しては、他のスニーカーに比べても良いように感じています。

サイドにベンチレーション(通気口)があり蒸れを軽減

スタンスミスの両サイドにはベンチレーション(通気口)が施されており、多少ですが、通気をよくしてくれる役割があります。

アディダスのスタンスミスの通気性
アディダスのスタンスミスの通気性
アディダスのスタンスミスの通気性

スタンスミスは合成皮革なので、足の蒸れが気になる方もいるかもしれませんが、蒸れが抜けて履き心地を快適にしてくれる仕様になっています。

ただし、実際に履いていても、通気性が他のスニーカーと比べてものすごく良いというわけでもないので、大きなメリットとまでは言えないです。

履き心地以外のスタンスミスの特徴

この章では、スタンスミスの履き心地以外の特徴をまとめました。

それは以下の3つです。

値段は安くはない

アディダスのスタンスミスは、他の人気スニーカーと比較すると、値段は安いとは言えません。

下記は、人気スニーカーの最安値を高い順に並べた一覧表です。

ブランド
(モデル名)
最安値【参考】
値段
(Amazon・楽天)
【参考】
値段
(公式)
アディダス
(スタンスミス)

オリジナル版
12,900円〜12,900円〜14,300〜
コンバース
(CT70)
12,250円〜16,800円〜12,250円〜
(送料込み)
ナイキ
(エアフォース1)
11,000円〜15,499円〜11,000円〜
ニューバランス
(CM996)
9,520円〜9,520円〜16,280円〜
アディダス
(スタンスミス)

ABCマート版
8,480円~8,480円~9,889円
VANS
(オールドスクール)
7,700円〜7,700円〜7,700円〜
ニューバランス
(ML574)
6,981円〜6,981円〜10,890円〜
コンバース
(日本製オールスター)
5,280円〜5,280円〜7,150円〜

オリジナル版はAmazonや楽天で購入すると公式よりも安く購入できますが、それでも人気スニーカーのなかでは、高い基準になるのが欠点。

ただし、履き心地の良さや、ブランドの人気度から考えるとまあ納得のいく値段かなという気もします。

また、ABCマート版は8,480円~からと少し安く買えます。

ただし、ABCマート版は、オリジナル版と違って見た目がツルツルテカテカしているので、少し安っぽく見えてしまうという点があります。

※オリジナル版とABCマートの違いを知りたい方は本記事7章の 「スタンスミスのオリジナル版とABCマート版の違い」 までスキップしましょう。

細かい皺(シボ)があり天然皮革っぽい見た目で味がある

スタンスミスの天然皮革のレザー
スタンスミスの天然皮革のレザー

オリジナル版のスタンスミス「品番:FX5521」は合成皮革ですが、細かい皺(シボ)をつけた革「タンブルレザー」が使用されているため、天然皮革のような見た目になっています。

変にテカテカとしていない自然な素材なので、スニーカーの良さを際立たしてくれます。

正直、見た目では天然皮革なのか合成皮革なのかわからないほどです。

天然皮革は皮革の経年変化が楽しめて、長持ちするというメリットはありますが、毎使用後に適切な手入れが必要になり少し億劫です。

しかし、この記事で紹介している2021年12月から発売された「品番:FX5521」は合成皮革なので、手入れはあまり必要ないですし、雨の日も気軽に履くことができます。↓画像左上

スタンスミスのABCマート版とオリジナル版の違い

2020年12月に、アディダスは動物由来の素材「天然皮革」を使用しないことを宣言し、リサイクル素材を今後使用していくことを宣言しました。これはスタンスミスも同様で、今後は「天然皮革」ではなく「合成皮革」に変わります。

天然皮革→動物や爬虫類の毛から作った革
合成皮革→革に似せて作った人工的に作ったもの


以前までは、オリジナル版には天然皮革が使用されていましたが、今後はオリジナル版も合成皮革となります。(ただ、現在も天然皮革のオリジナル版「品番:CQ2870」は販売されていますが、売切れ次第無くなるでしょう。)

シンプルなデザインで服に合わせやすい

スタンスミスのスニーカーの特徴はなんといってもシンプルなデザインなところ。

アディダススタンスミスのスニーカー

シュータン(ベロ)や、かかとにアディダスのロゴやデザインが少しあるぐらいです。

ひかえ目でセンスのよいデザインなのでおしゃれに履けます。全く邪魔にはなりません。

スタンスミスの顔のロゴ
スタンスミスのかかとのアディダスのロゴ

また、オリジナル版のスタンスミスには、金色の「STAN SMITH(スタンスミス)」のロゴが両方の外サイトに彫られています

さりげなく主張されているロゴマークがおしゃれで、高級感を感じます。

スタンスミスの金色ロゴ

スタンスミスは白を基調としていて、かかとの一部分のカラーも最小限に留められているため、無難に様々な服に合わせることができるので重宝しています。

青系のジーパンや、ベージュ・黒系のチノパンなどのコーデで利用しやすいです。

値段は少しだけ高いですが、スタンスミスは数年単位でストレスなく履けるスニーカーなので、コスパ的にもよいです。

adidas(アディダス)
¥9,790 (2021/09/18 20:00時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで見る

スタンスミスのサイズは実寸(足長)+1.5cmがよい

スタンスミスの横幅のサイズ感

靴のジャストサイズは基本的に足長+1cmとされていますが、スタンスミスは実寸(足長)+1.5cm(ジャストサイズ+0.5cm)大きめがおすすめです。

理由は、スタンスミスは横幅がせまいという特徴があり、ジャストサイズで購入すると足が圧迫されてしまうからです。

実際に僕もジャストサイズから0.5cm大きいサイズを購入していますが、満足したサイズ感になっています。

スタンスミスのサイズ感について詳しく知りたい場合は、下記の記事を確認しましょう。

【徹底比較】 スタンスミスの人気種類ランキングトップ3

スタンスミスの履き心地がわかったところで、この章ではスタンスミスの人気の種類トップ3を紹介します。

※画像をタップすると詳細説明の箇所に移動します。

順位モデル名値段
(公式)
素材
1位ABCマート版
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-113.png
【特徴】
手ごろな価格帯
(Amazonで見る)
(楽天市場で見る)
9,889円合成皮革
2位オリジナル版
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-124.png
【特徴】
皮革に味わいがある
(Amazonで見る)
(楽天市場で見る)
13,200円天然皮革
&
タンブル合成皮革
3位ベルクロ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-133.png
【特徴】
マジックテープタイプ
(Amazonで見る)
(楽天市場で見る)
12,100円合成皮革

以下にて、上位順にそれぞれ解説していきます。

1位「ABCマート版」安い値段で一番人気

スタンスミスのABCマート版

スタンスミスの一番人気のスニーカーの種類は、「ABCマート版」です。

一番人気の理由は、スタンスミスの種類の中で一番安いというが理由になるでしょう。ただ、少し素材がテカテカしているというのが欠点ともいえます。

個人的には、この安っぽさが気になり2位のオリジナル版を購入しましたが、特に見た目に気にならないようであれば、 「ABCマート版」 を購入しても問題ないでしょう。

adidas(アディダス)
\プライム会員は在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで見る

2位「オリジナル版」味わいのある皮革

スタンスミスのオリジナル版

スタンスミスで二番目に人気なのが、この記事でも紹介した「オリジナル版」です。

すでに特徴の「細かい皺(シボ)があり天然皮革っぽい見た目で味がある」でも書きましたが、値段が少し高くなっている分、見た目に風合いが出ているのがポイント。

個人的にはこちらの方が断然好みなので、もしお金に余裕がある場合は、少し高くてもオリジナル版を購入することをおすすめしたいです。

adidas(アディダス)
¥9,790 (2021/09/18 20:00時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで見る

※オリジナル版とABCマートの違いを知りたい方は本記事7章の 「スタンスミスのオリジナル版とABCマート版の違い」 までスキップしましょう。

3位「ベルクロ」マジックテープタイプ

スタンスミスのベルクロ

スタンスミスで三番目に人気なのが、「ベルクロ」です。

ベルクロは、靴紐のかわりにマジックテープがついており、着脱しやすいスタンスミスの種類です。

ベルクロタイプはダサいと思っている方もいるとは思いますが、最近はSNSでもおしゃれとして流行がきている印象です。

特に女性であれば、かわいらしさを出せるのでいいですよね。

adidas(アディダス)
¥11,900 (2021/09/19 17:15時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで見る

4位以下を確認したい方はこちら

スタンスミスは、基本的に上記の1、2位のABCマート版とオリジナル版が圧倒的に人気で、スタンスミスを持っている全体の7割ぐらい占めているぐらいです。

ただ、スタンスミスは種類がとても多く、カラー別やコラボ商品も全て合わせると150種類以上に及びます。

4位以下の人気ランキングを知りたい方は下記の記事も確認しましょう。

スタンスミスのオリジナル版とABCマート版の違い

スタンスミスの人気種類ランキングの1位「ABCマート版」と、2位の「オリジナル版」は見た目が非常に似てい手違いがわかりにくいです。

下記は、そのオリジナル版とABCマート版の違い一覧表です。

項目オリジナル版ABCマート版
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-124.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-113.png
値段(公式)
14,300円

9,889円
シュータン(ベロ)
細い

太い
素材の質感
味があり高級感がある
※タンブル合成皮革

テカテカした光沢感がある
※合成皮革
ソールの色
クリーム色

ホワイト色
(アッパーと同色)
サイドのロゴ
金色のロゴあり

なし
カラー
バリエーション

少ない

少し多い
サイズ感同じ同じ

結論、ABCマート版の方が少し安いですが、オリジナル版の方をおすすめします。

理由は、ABCマート版の方が素材がツルツルしていて安っぽさを感じるからです。

下記でオリジナル版とABCマート版の画像を比較してみました。

<オリジナル版>

【アディダス公式通販】スタンスミス / オリジナル版 品番:FX5521

<ABCマート版>

アディダス公式通販】スタンスミス / オリジナル版 品番:FX5501

画像だとうまく伝わらないかもしれないですが、オリジナル版は細かいシボが加工されてあり、味のある皮革になっています。

<オリジナル版の拡大画像>

また、ABCマート版は他にもシュータン(ベロ)が太いので野暮ったく見えてしまうデメリットもあります。

ただ、ABCマート版は値段が安いという唯一のメリットはあるので、デメリットが許容できるのであれば、ABCマート版でも問題ないと思います。

もっと2つの種類の違いを知りたい方は、下記の記事をご確認ください。

【絶対お得】スタンスミスはAmazonや楽天で買うのがおすすめ

ここまで、サイズ感について紹介してきましたが、ここからはスタンスミスをお得に買う情報を紹介します。

スタンスミスを購入するなら、下記の2つの理由により、公式サイト以外の通販サイトを利用した方が絶対お得です。

では、その理由を以下にて解説します。

スタンスミスは公式よりもAmazonや楽天の方が安い

まず、なによりもスタンスミスのスニーカーの値段は公式よりもAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの方が安いです。

それぞれのサイトで販売しているスタンスミスのアディダス版とABCマート版の値段を比較してみました。

各サイトオリジナル版スタンスミスの値段ABCマート版スタンスミスの値段
Amazon12,900円~
公式より1,400円安い)
8,480円~
公式より1,409円安い
楽天 12,900 円~
公式より1,400円安い
8,480 円~
公式より1,409円安い)
Yahooショッピング 12,900 円~
公式より1,400円安い
8,480 円~
公式より1,409円安い
ABCマート15,400円~
公式より1,100円安い
9,889円~
公式と同じ
アディダス公式14,300円~9,889円~
2021年3月時点

これらは全く同じスタンミスのスニーカーにかかわらず値段だけが違うので、単純にAmazonや楽天、もしくはYahooショッピングを利用した方が間違いなくお得です。

また、Amazonや楽天だとセールや割引キャンペーンが行われている場合が多々あり、より安く購入できることもあります。

そのため、損しないためにも、公式だけではなく、Amazonや楽天の通販サイトの値段も確認することをおすすめします。

adidas(アディダス)
¥9,790 (2021/09/18 20:00時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで見る

Amazonのプライムワードローブを利用すると無料で試着できる

また、Amazonのプライムワードローブを利用すると無料でサイズ違いを試着できるので、さらにお得です。

利用の仕方は簡単です。Amazonの「スタンスミス」のページにいき、サイズを指定して右上の「試す 7日間無料」にチェックマークをつけて注文するだけです。(ただし、在庫がない場合は利用できません)

プライムワードローブのざっくりした流れは下記になります。

サイズが合わなければ一週間以内に返却すればいいだけなので、利用する上で特に困るデメリットはほぼないと言っていいです。

なかなか知られていないサービスですが、僕は服を買うときにほぼ毎回使ってます。

ただし、プライムワードローブは下記の場合利用できないため認識しておきましょう。

  • プライム会員でないと利用できない
  • そもそも商品の在庫がない場合がない場合は利用できない
  • Amazonギフト券では利用できない

また、プライム会員でない方は、30日間の無料期間中にプライムワードローブを利用して、すぐプライム会員を解約すると費用はかからないので、サイズ違いを試着したい場合に、一瞬だけプライム会員になることもできます。

>>Amazonのプライム会員の詳細を確認する

【徹底比較】スニーカーの総合ランキングトップ3

スタンスミス以外にも、他のおすすめのスニーカーを知りたい場合もあると思います。

下記は、7つの人気ブランドに厳選して徹底比較したスニーカー総合ランキングトップ3です。

※モデル名をクリックするとレビュー記事に移動します。

順位ブランド
(モデル名)
合計点おしゃれ履き心地最安値世間の人気
1位ニューバランス
(CM996)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-67.png
16.8点4.5点4.5点3.0点
9,520円〜
4.7点
2位コンバース
(日本製オールスター)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-64.png
16.5点4.5点2.5点4.5点
5,280円〜
5.0点
3位ニューバランス
(ML574)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-69.png
16.0点3.0点5.0点4.0点
6,981円〜
4.0点

また、3位以外の総合ランキングや、「おしゃれ重視」「履き心地重視」などのそれぞれに重視したランキングが知りたい場合は、下記の記事を確認しましょう。

>>【人気ブランド7選】スニーカーのおすすめランキング│履き心地・おしゃれ別に徹底比較

スタンスミスの履き心地のまとめ

結論、 スタンスミスは、最初だけはシュータン(ベロ)がスネに当たって痛いというデメリットはありますが、 総合的に見てとても良く、長時間履いても疲れにくいスニーカーです。

また、そのシュータン(ベロ)についても、慣れてくると特に気にならなくなり、快適に履けるようになるので大きなデメリットにもなっていません。

なので、ジャストサイズ+0.5cm、(足長+1.5cm)上げて履くとちょうどよいサイズ感になります。

少しゆとりがあった方がラフに履けますし、靴紐のきつさを調整することで、ちゃんと足にフィットさせることもできます。

また、スタンスミスは公式サイトよりもAmazonや楽天などの大手通販サイトの方が安く買えてお得なので、一度各サイトで値段を確認してみることをおすすめします。

adidas(アディダス)
¥9,790 (2021/09/18 20:00時点 | Amazon調べ)
\プライム会員は在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました