【20枚以上半袖Tシャツを持つ筆者が厳選】厚手半袖Tシャツの料金・着心地・コスパ別の最強おすすめランキング

【徹底比較】厚手半袖Tシャツのおすすめメンズブランドランキング!着心地や安い別に紹介

トップス
トップス

一番おすすめの半袖Tシャツを知りたいけど、「数が多すぎてわからない」「ブランド別に比較したい」とは思っていませんか?

結論、色んなブランドの半袖Tシャツを持っている僕が一番おすすめするのは、「Champion」の「T1011」です。

T1011は、厚手の生地で味があり、首回りも一番しっかりしているので、長持ちしてガンガン洗濯することができます。数年単位で着れて値段も手頃なので、コスパも最強です。

ただ、着心地や安さなど、重視する内容によっては、あなたに最適なTシャツは変わってくる可能性があります。

この記事では、色々なブランドや複数のサイズ違いで半袖Tシャツを20枚以上持っている僕が、人気ブランドを徹底的に比較して、重視する目的別におすすめのTシャツを紹介します。

なお、すぐに総合ランキングを先に知りたい方は、3章の「半袖Tシャツのおすすめ総合ランキング」までスキップしましょう。

※ランキング1位のT1011

Champion(チャンピオン)
¥4,167 (2021/06/18 22:54時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

※T1011のサイズ感・特徴・人気色などの詳細記事は下記になります

結論:各重視別の半袖Tシャツランキング1位の一覧表

結論、半袖Tシャツで総合的に一番おすすめするのは「Champion」の「T1011」です。

ただ、値段や着心地など重視する内容によって、おすすめのTシャツは変わってくるでしょう。

下記は、半袖Tシャツをそれぞれの目的別に重視したランキング一覧表になります。

重視する内容1位
総合ランキングチャンピオン(T1011)
値段の安さ重視ユナイテッドアスレ
コスパ重視チャンピオン(T1011)
着心地重視ヘインズ(ビーフィー)
首回りの丈夫さ重視チャンピオン(T1011)
生地の厚さ重視グッドウェア
人気度重視ユニクロ(クルーネックT)

次章から、なぜこのランキングの順位になったのか選び方から詳しく解説します。

【失敗しない】半袖Tシャツの選び方

半袖Tシャツの選び方は下記の5つです。

  1. 厚手の生地だと1枚で存在感がある
  2. 値段が安いと気軽に着られる
  3. 首回りが丈夫だと長く着られる
  4. 着心地が良いとストレスがない
  5. 胸ポケットのありなし

では、順に解説します。

①厚手の生地だと1枚で存在感がある

まず、半袖Tシャツで一番大事なのは生地の厚さです。

厚手の生地だと、3つのメリットがあります。

  • 存在感があるので夏場に1枚でもおしゃれに着られる
  • 下着や肌が透けない
  • 着れば着るほど生地感に味が出る

そのため、おしゃれに着られる半袖Tシャツを探しているなら、間違いなく厚手のTシャツを選んだ方がよいです。

なお、厚手のTシャツとは、6オンス以上のTシャツのことをいいます。

オンス(oz)とは、 1平方ヤード(約0.9㎡)あたりの服の重さを表す単位のことで、1オンス約28gとなっています。

つまり、オンス数が多いほど厚手の生地ということになります。

下記は、オンス別の生地感になります。

オンス生地感
3〜4薄手でサラッとした生地
5薄すぎず厚すぎない生地
6〜7厚手で耐久性のある生地

厚手のTシャツは、薄手のTシャツよりも少し高いというのが唯一の欠点かもしれませんが、長く着られるのでコスパ的には良いです。

②値段が安いと気軽に着られる

次に、Tシャツ1枚あたりの値段の安さです。

値段が安いと気軽に買えますし、洗濯も気兼ねなくできますよね。

また、Tシャツの質は値段に比例していません。

たまに、1着で2〜5万円するTシャツもありますが、安いTシャツの方が質が良いということは全然あります。

なお、Tシャツには複数枚同時に買うと安くなることもあるため、それらを考慮してこの記事では比較しています。

③首回りが丈夫だと長く着られる

次に、Tシャツの首回りの丈夫さです。

Tシャツの首回りが丈夫だと躊躇なく洗濯ができ、シーズンをまたいでも長く着られます

Tシャツの一番の弱点は、洗濯を繰り返すと首回りのリブがヨレてしまう点です。

首回りがヨレて広がってしまうと、どんなおしゃれな人でもだらしなくなってしまいますよね。

ただ、逆に首回りのリブさえしっかりしておけば、Tシャツはある程度長く着られるとも言えます

多少値段が高くても、しっかりした作りだと長く着られるので、そのぶんコスパも良くなります。

④着心地が良いとストレスがない

次に、着心地の良さです。

半袖Tシャツは肌に直接触れる部分が多いので、ストレスなく着るには大事な要素になります。

着心地については、下記2つの観点で評価しています。

  • 商品タグが肌に触れてストレスにならないか
  • 生地のやわらかさ

Tシャツには商品タグがついていますが、付いている場所でわりとストレスの感じ方が違います。

首元に固めの商品タグがついていたら、わりとチクチクして気になります。

また、なかにはタグが直接プリントされてありタグフリーのTシャツもあります。

そして、Tシャツのやわらかさも着心地の良さに関係してきます。

個人的には、若干の生地のやわらかさでTシャツは決めないのでそこまで重視してませんが、着心地の良さを求めるなら、やわらさかも重視しましょう。

⑤胸ポケットのありなし

最後に、胸ポケットについてです。

販売しているブランドによっては、Tシャツの販売の仕方として下記の3パターンあります。

  • 胸ポケットありのみ販売している
  • 胸ポケットなしのみ販売している
  • 胸ポケットあり、なし両方販売している

ポケットありなしかは好みにはなると思うので、販売している種類も考慮してブランドを決めましょう。

また、個人的な感覚になりますが、胸ポケットがある方がおしゃれに見えるので、雰囲気でごまかせるメリットがあります。

ただ、シンプルに着たい場合は逆にポケットなしのほうがいいので、難しいところです。

もし、半袖Tシャツを1枚で着るのに自信がない人は、ポケットTシャツを選ふのが無難です。

余談ですが、僕は、以前はポケットありのTシャツを購入していましたが、最近はシンプルなのが好きでポケットなしのTシャツをよく購入しています。

では、以上の5つの観点で半袖Tシャツのおすすめランキングを作成したので、次章を確認ください。

半袖Tシャツのおすすめ総合ランキング

前章の選び方を基準に、半袖Tシャツのおすすめ総合ランキングを作成しました。

1位は「Champion」の「T1011」です。

←横にスクロールできます→

順位ブランド
(商品名)
厚生地料金
(Amazon・楽天)
おおよその
使用できる年数
着心地(肌ざわり)タグのストレスの無さ首回りの丈夫さ人気度ポケットありなし料金
(公式)
1位チャンピオン
(T1011)

Amazonで検索 楽天で検索

7オンス
〈ポケットなし〉
3,795円
〈ポケット付〉
4,400円

3年以上

ザラっとしたドライな生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい

とても頑丈で縫い目が強いので安心

人気度は高い
おしゃれな人が着ている印象
両方あり<ポケットなし>
4,500円
<ポケットあり>
5,500円
2位ユナイテッドアスレ
(スーパーヘビーウェイト)

Amazonで検索 楽天で検索

7.1オンス
<ポケットあり>
1,406円
<ポケットなし>
999円

2~3年

若干ドライな生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい

一般的なTシャツよりは頑丈

人気度は少し高い
プチプラとして人気がある
ポケットなしのみ<ポケットなし>
1,980円
3位ユニクロ
(クルーネックT)

公式

6オンス前後
販売なし
3年以上

ザラっとしたドライな生地感

<横腹に当たるので少し違和感>
タグの位置:サイド
タグのかたさ:やわらかい

とても頑丈だが縫い目が浅い

人気度は高い
若い人もおしゃれな人も着ている
ポケットなしのみ<ポケットなし>
1,000円
4位ユナイテッドアスレ
(プレミアム)

Amazonで検索 楽天で検索

6.2オンス
<ポケットなし>
1,008円
(5枚組)896円
(10枚組)774円

1~3年

なめらかでサラサラとした生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい
生地:やわらかい

一般的なTシャツよりは頑丈

人気度は少し高い
プチプラとして人気がある
ポケットなしのみ<ポケットなし>
1,650円
5位グッドウェア
Amazonで検索 楽天で検索

7.2オンス
<ポケットあり>
5,355円

2~3年

ザラっとしたドライな生地感

<首元がチクチクする>
タグの位置:首元
タグのかたさ:少しかたい

一般的なTシャツよりは頑丈

人気度は高い
おしゃれな人が着ている印象
両方あり<ポケットあり>
6,490円
6位ヘインズ
(ビーフィー)

Amazonで検索 楽天で検索

6.1オンス
<ポケットなし>
1,292円
(2枚組)1,339円
<ポケットあり>
1,871円

1~3年

なめらかでサラサラとした生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:背後の裾
タグのかたさ:やわらかい

一般的なTシャツよりは頑丈

人気度は高い
プチプラとして人気がある
両方あり<ポケットなし>
1,650円
(2枚組)1,595円
<ポケットあり>
2,200円
7位ユナイテッドアスレ
(ハイクオリティー)

Amazonで検索 楽天で検索

5.6オンス
<ポケットなし>
806円
(10枚組)534円
<ポケットあり>
994円

1~3年

なめらかでサラサラとした生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい

一般的なTシャツよりは頑丈

人気度は少し高い
プチプラとして人気がある
ポケットなしのみ<ポケットなし>
935円

「Champion」の「T1011」は、全ての項目に対しての評価が高く、どんな人にもおすすめできる間違いなく最強なTシャツだと断言できます。

T1011は7オンスの厚手の生地で風合いがとてもよく、洗濯をすればするほど、着れば着るほど味が出てくるTシャツです。

また、首回りが厚手のTシャツのなかでも一番しっかりしており、洗濯を何十回してもヨレてくる気配すら感じません。

また、値段も手頃なので、このTシャツを選ばない理由がないくらいです。

なお、T1011はInstagramなどのSNSでも人気で、世間的な人気度も高く、堂々と着ることができます。

袖にはChampionのワンポイントのロゴが付いているため、「あ、この人T1011を着ているな」というのが自然に伝わるのも魅力です。

半袖Tシャツの購入を考えている人は、まず最初に検討してほしいTシャツです。

Champion(チャンピオン)
¥4,167 (2021/06/18 22:54時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

※T1011のサイズ感・特徴・人気色などの詳細記事は下記になります

重視別半袖Tシャツおすすめランキング

この章では、各重視別に沿った半袖のおすすめランキングを紹介します。

  1. 値段の安さ重視│半袖Tシャツおすすめランキング
  2. コスパ重視│半袖Tシャツおすすめランキング
  3. 着心地重視│半袖Tシャツおすすめランキング
  4. 首回りの丈夫さ重視│半袖Tシャツおすすめランキング
  5. 生地の厚さ重視│半袖Tシャツおすすめランキング
  6. 人気度重視│半袖Tシャツおすすめランキング

まずは、値段の安さを重視したランキングを紹介します。

値段の安さ重視│半袖Tシャツおすすめランキング

値段の安さを重視した半袖Tシャツランキングの1位は「ユナイテッドアスレ」です。

下記は、1枚あたりの値段が安い順のランキング表です。

←横にスクロールできます→

順位ブランド
(商品名)
料金
(Amazon・楽天)
料金
(公式)
1位ユナイテッドアスレ
(ハイクオリティー)
5.6オンス
<ポケットなし>
806円
(10枚組)534円
<ポケットあり>
994円
<ポケットなし>
935円
2位ユナイテッドアスレ
(プレミアム)
6.2オンス
<ポケットなし>
1,008円
(5枚組)896円
(10枚組)774円
<ポケットなし>
1,650円
3位ヘインズ
(ビーフィー)
6.1オンス
<ポケットなし>
1,292円
(2枚組)1,339円
<ポケットあり>
1,871円
<ポケットなし>
1,650円
(2枚組)1,595円
<ポケットあり>
2,200円
4位ユナイテッドアスレ
(スーパーヘビーウェイト)
7.1オンス
<ポケットあり>
1,406円
<ポケットなし>
999円
<ポケットなし>
1,980円
5位チャンピオン
(T1011)
7オンス
<ポケットなし>
3,795円
<ポケットあり>
4,400円
<ポケットなし>
4,500円
<ポケットあり>
5,500円
6位ユニクロ
(クルーネックT)
6オンス前後
販売なし<ポケットなし>
1,000円
7位グッドウェア
7.2オンス
<ポケットあり>
5,355円
<ポケットあり>
6,490円

※表を見たらわかりますが、Tシャツは公式サイトの方が高いので、Amazon・楽天で購入するようにしましょう。

一番安いのは「ユナイテッドアスレ」の「ハイクオリティー」すが、こちらは生地が薄いため、おすすめするのは、「プレミアム」Tシャツです。

「ユナイテッドアスレ」の「プレミアム」は、6.2オンスの厚手のTシャツにもかかわらず、Amazonや楽天だと1着あたり1,000円前後で買えます

また、5枚組や10枚組で買うともっと安く購入できるため、値段の安さでいえばユナイテッドアスレ1択になるでしょう。

ただ、ユナイテッドアスレの6.2オンスは、ポケットなしのTシャツしか販売していません。

そのため、ポケTが欲しい人は7.2オンスも視野に入れましょう。

また、ユナイテッドアスレは、特に悪い点はありませんが、首元の頑丈さが、ChampionのT1011やユニクロのクルーネックTに劣ってしまう点があります。

ただ、これはChampionのT1011などか優秀すぎるだけで、ユナイテッドアスレの首元は一般的なTシャツより頑丈なのは間違いないです。

洗濯や乾燥機なども使用していますが、ヨレにくいことはたしかです。

United Athle(ユナイテッドアスレ)
¥875 (2021/06/15 04:50時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

※ユナイテッドアスレのサイズ感・特徴・人気色などの詳細記事は下記になります

コスパ重視│半袖Tシャツおすすめランキング

コスパを重視した半袖Tシャツランキングの1位は「Champion」の「T1011」です。

半袖Tシャツのコスパランキングは下記になります。

順位ブランド
(商品名)
おおよその
使用できる年数
1位チャンピオン
(T1011)
7オンス

3年以上
2位ユニクロ
(クルーネックT)
6オンス前後

3年以上
3位グッドウェア
7.2オンス

2~3年
4位ユナイテッドアスレ
(スーパーヘビーウェイト)
7.1オンス

2~3年
5位ユナイテッドアスレ
(プレミアム)
6.2オンス

1~3年
6位ヘインズ
(ビーフィー)
6.1オンス

1~3年
7位ユナイテッドアスレ
(ハイクオリティー)
5.6オンス

1~3年

T1011は7オンスの厚手の生地で、ザラッとした風合いのある生地感です。

そのため、洗濯をすればするほど生地に味が出て、着ればきるほどTシャツの質が上がります。

他のTシャツは着れば着るほど質は下がっていきますが、T1011はむしろ良くなります。

また、首回りのリブもとても頑丈なので、何十回洗濯機で回してもほぼ買った当初の状態をほぼキープできています。

値段は5,000円と他のTシャツと比べると少し高いですが、数年にわたって着られることを考えるとコスパの良さとしては1番です。

SNSなどでの人気も高いですし、さすが王道の半袖Tシャツと呼ばれるだけの商品です。

Champion(チャンピオン)
¥4,167 (2021/06/18 22:54時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

※T1011のサイズ感・特徴・人気色などの詳細記事は下記になります

着心地重視│半袖Tシャツおすすめランキング

着心地を重視した半袖Tシャツランキングの1位は「ヘインズ・ビーフィー」です。

半袖Tシャツの着心地ランキングは下記になります。

←横にスクロールできます→

順位ブランド
(商品名)
肌触りタグ
1位ヘインズ
(ビーフィー)
6.1オンス

なめらかでサラサラとした生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:背後の裾
タグのかたさ:やわらかい
2位ユナイテッドアスレ
(ハイクオリティー)
5.6オンス

なめらかでサラサラとした生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい
3位ユナイテッドアスレ
(プレミアム)
6.2オンス

なめらかでサラサラとした生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい
生地:やわらかい
4位ユナイテッドアスレ
(スーパーヘビーウェイト)
7.1オンス

若干ドライな生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい
5位チャンピオン
(T1011)
7オンス

ザラっとしたドライな生地感

<ストレスや違和感は全くない>
タグの位置:首元
タグのかたさ:やわらかい
6位ユニクロ
(クルーネックT)
6オンス前後

ザラっとしたドライな生地感

<横腹に当たるので少し違和感>
タグの位置:サイド
タグのかたさ:やわらかい
7位グッドウェア
7.2オンス

ザラっとしたドライな生地感

<首元がチクチクする>
タグの位置:首元
タグのかたさ:少しかたい

なお、上位3つの着心地はほぼ同じですね。

ヘインズ・ビーフィーは綿100%の素材でできており、とてもやわらかい触り心地です。

そのため、肌に直接触れてもストレスは全くなく、逆に気持ちいいくらいです。

ユナイテッドアスレも綿100%で同じく触り心地がいいのですが、ヘインズ・ビーフィーは首元にタグがないというのが優れています。

首元のタグはやわらかければ基本的にストレスになりませんが、無ければストレスを感じることはまずありません。

肌触りや首元のタグのない点で、ヘインズ・ビーフィーは着心地で一番優れています。

Hanes(ヘインズ)
¥2,200 (2021/06/18 10:10時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

※ヘインズ・ビーフィーのサイズ感・特徴・人気色などの詳細記事は下記になります

首回りの丈夫さ重視│半袖Tシャツおすすめランキング

首回りの丈夫さを重視した半袖Tシャツランキングの1位は「チャンピオン」の「T1011」です。

半袖Tシャツの首回りを重視したランキングは下記になります。

順位ブランド
(商品名)
首回りの丈夫さ
1位チャンピオン
(T1011)
7オンス

とても頑丈で縫い目が強いので安心
2位ユニクロ
(クルーネックT)
6オンス前後

とても頑丈だが縫い目が浅い
3位ユナイテッドアスレ
(スーパーヘビーウェイト)
7.1オンス

一般的なTシャツよりは頑丈
4位ユナイテッドアスレ
(プレミアム)
6.2オンス

一般的なTシャツよりは頑丈
5位グッドウェア
7.2オンス

一般的なTシャツよりは頑丈
6位ヘインズ
(ビーフィー)
6.1オンス

一般的なTシャツよりは頑丈
7位ユナイテッドアスレ
(ハイクオリティー)
5.6オンス

一般的なTシャツよりは頑丈

T1011には、「バインダーネック」という本来のTシャツの生地の上から、厚手の別の生地を縫い合わせた縫製方法が採用されています。

これにより、首回りが伸びにくく、耐久性が高くなっています。

ただ、実は似たような手法はユニクロのクルーネックTにも採用されており、クルーネックTも厚手の生地が首回りに補強されています。

しかし、ユニクロのクルーネックTは頑丈さではT1011に負けないのですが、縫い目の強度ではT1011に劣ってしまいます。

縫い目の強度が弱いとヨレが表面上に表れやすく、見た目も少し悪くなってしまうんですよね。

そのため、一番首回りが丈夫なのは、頑丈+縫い目が縫い目がしっかりしている「Champion」の「T1011」で間違いありません。

Champion(チャンピオン)
¥4,167 (2021/06/18 22:54時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

※T1011のサイズ感・特徴・人気色などの詳細記事は下記になります

生地の厚さ重視│半袖Tシャツおすすめランキング

生地の厚さを重視した半袖Tシャツランキングの1位は「Goodwear(グッドウェア)」です。

半袖Tシャツの生地の厚さランキングは下記になります。

順位ブランド
(商品名)
厚生地
1位グッドウェア
7.2オンス
2位ユナイテッドアスレ
(スーパーヘビーウェイト)

7.1オンス
3位チャンピオン
(T1011)

7オンス
4位ユナイテッドアスレ
(プレミアム)

6.2オンス
5位ヘインズ
(ビーフィー)

6.1オンス
6位ユニクロ
(クルーネックT)

6オンス前後
7位ユナイテッドアスレ
(ハイクオリティー)

5.6オンス

グッドウェアは、7.2オンスの厚手の生地であり、人気のTシャツの中では生地が一番厚いTシャツです。

オンス(oz)とは、 1平方ヤード(約0.9㎡)あたりの服の重さを表す単位のことで、1オンス約28gです。

つまり、オンス数が多いほど厚手の生地とあうことが言えます。

なお、一般的に6オンス以上のTシャツは厚手の生地に分類され、6オンスあれば下着などはわりと透けにくい傾向にあります。

なので、7オンスあれば下着の透けは気にしなくても大丈夫です。

今回は厚手の生地のTシャツを紹介していますが、Goodwearは7.2オンスととてもヘビーウェイトなTシャツなので、しっかりした厚手のTシャツを着たい人にはおすすめのTシャツです。

ただし、グッドウェアは、首元のタグが少し違和感を感じるので、それらを踏まえた上で購入しましょう。

Goodwear(グッドウェア)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

※グッドウェアのサイズ感・特徴・人気色などの詳細記事は下記になります

人気度重視│半袖Tシャツおすすめランキング

世間の人気度を重視した半袖Tシャツランキングの1位は「ユニクロ」の「クルーネックT」です

ランキングは下記になります。

順位ブランド
(商品名)
一般的な人気度Instagramで調査した
おしゃれな人からの人気度.
1位ユニクロ
(クルーネックT)
6オンス前後

ブランド力+プチプラとして人気

おしゃれな人もよく着ている
2位チャンピオン
(T1011)
7オンス

少し高いので遠慮がち

王道的なTシャツでよく着ている
3位ヘインズ
(ビーフィー)
6.1オンス

プチプラとして人気

おしゃれな人もたまに着ている
4位ユナイテッドアスレ
(スーパーヘビーウェイト)
7.1オンス

プチプラとして人気

おしゃれな人もたまに着ている
5位ユナイテッドアスレ
(プレミアム)
6.2オンス

プチプラとして人気.

おしゃれな人もたまに着ている
6位グッドウェア
7.2オンス

あまり認知されていない

おしゃれな人がよく着ている
7位ユナイテッドアスレ
(ハイクオリティー)
5.6オンス

プチプラとして人気

おしゃれな人もたまに着ている

「ユニクロ」の「クルーネックT」は、やはり「ユニクロ」というブランド力もあり、とても人気です。

値段も1,000円で購入できるため、プチプラコーデとして、10代や20代前半からも人気な印象です。

また、値段が安いのにもかかわらず、USA製のようなドライな生地感なので、30代、40代のおしゃれな人もよくInstagramで投稿しているのをよく見かけます。

昔はユニクロはダサいという風潮がありましたが、今ではほぼなくなりつつありますよね。

また、ファッションに少し興味のある人に、「王道の半袖Tシャツといえば?」と質問すると、ほとんどの人が「T1011」と答えるはずです。

それほど、T1011は半袖Tシャツの一番の王道として知られています。

ただ、一般的にはユニクロの方が知名度があって安いので、クルーネックTの方が世間的には人気です。

>>クルーネックT(半袖) (男女兼用) | ユニクロ公式

【絶対お得】半袖TシャツはAmazonや楽天で買った方がよい

半袖Tシャツ購入するなら、下記の2つの理由により、公式サイト以外の通販サイトを利用した方が絶対お得です。

では、その理由を以下にて解説します。

半袖Tシャツは公式よりもAmazonや楽天の方が安い

まず、なによりも半袖Tシャツは公式よりもAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの方が安いです。

下記の表で、各サイトで販売しているT1011のポケットTシャツの値段と公式の値段で比較してみました。

各サイトT1011の値段
Amazon3,850円~
公式より1,650円安い
楽天3,850円~
公式より1,650円安い
Yahooショッピング3,850円~
公式より1,650円安い
チャンピオン公式5,500円

これらは全く同じ半袖Tシャツにもかかわらず値段だけが違うので、単純にAmazonや楽天、もしくはYahooショッピングを利用した方が間違いなくお得です。

また、Amazon・楽天・Yahooショッピングは、セールや割引キャンペーンが行われている場合が多々あり、より安く購入できることもあります。

そのため、損しないためにも、公式だけではなく、Amazonや楽天の通販サイトの値段も確認することをおすすめします。

Champion(チャンピオン)
¥4,167 (2021/06/18 22:54時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

Amazonのプライムワードローブを利用すると無料で試着できる

また、Amazonのプライムワードローブを利用すると無料でサイズ違いを試着できるので、さらにお得です。

利用の仕方は簡単です。Amazonの買いたい商品の(例えば「チャンピオン T1011」)のページにいき、サイズを指定して右上の「試す 7日間無料」にチェックマークをつけて注文するだけです。(ただし、在庫がない場合は利用できません)

Amazon | チャンピオン T1011 半袖Tシャツ ポケット付き ワンポイントロゴ C5-B303 メンズ

プライムワードローブのざっくりした流れは下記になります。

サイズが合わなければ一週間以内に返却すればいいだけなので、利用する上で特に困るデメリットはほぼないと言っていいです。

なかなか知られていないサービスですが、僕は服を買うときにほぼ毎回使ってます。

ただし、プライムワードローブは下記の場合利用できないため認識しておきましょう。

  • プライム会員でないと利用できない
  • そもそも商品の在庫がない場合がない場合は利用できない
  • Amazonギフト券では利用できない

また、プライム会員でない方は、30日間の無料期間中にプライムワードローブを利用して、すぐプライム会員を解約すると費用はかからないため、お得に利用できます。

>>Amazonプライムワードローブの詳細を確認する

各ブランドの半袖Tシャツのサイズ一覧表

ここまでの内容で、おすすめの半袖Tシャツやお得に買う方法を確認できたと思いますが、この章では、半袖Tシャツのサイズ感について解説します。

下記は、実際に僕が着ているブランド別のサイズ一覧表です。

チャンピオン
(T1011)
ヘインズ
(ビーフィー)
ユニクロ
(クルーネックT)
ユナイテッドアスレグッドウェア
筆者の着用サイズMサイズLサイズMサイズLサイズMサイズ
身丈68.5cm66.5cm68.5cm67.5cm68cm
着丈66.5cm64cm66cm64.5cm64.5cm
身幅50.5cm52cm49.5cm54cm51cm
肩幅48cm45.5cm45cm48cm43cm
袖丈21cm20cm21cm20cm19cm

サイズについて詳しく下記2点について解説します。

サイズは基本的に標準的なサイズ選びで問題ない

まず、半袖Tシャツはブランドによって大きさにそこまで差があるわけではないので、基本的には普段着ている服と同じサイズ選びで問題ありません。

例えば、普段着ているのがMサイズなら、半袖TシャツもMサイズのような選び方になります。

ただ、素材によっては、Tシャツが洗濯によって縮むことがあるので、次項も確認しましょう。

洗濯や乾燥機での縮みを考慮する必要がある

Tシャツは綿100%の素材でできている場合、洗濯や乾燥機を繰り返し使用することで縮むことがあります。

特に、綿は熱に弱いので、乾燥機を使用すると1回使用しただけで最高で着丈が4〜5cm縮む場合もあります

ただ、Tシャツは縮むサイズも限られているため、着丈が5cm以上も縮むことはほぼありません。

今回紹介したTシャツだと、ユナイテッドアスレとヘインズビーフィーは洗濯で縮む特性があるため、ワンサイズ大きめを選びましょう。

白Tシャツの洗濯には酸素系漂白剤の粉末タイプがおすすめ

白Tシャツは洗濯を繰り返すと、首回りなどが黄ばんでくることがあります。

その場合、酸素系漂白剤の粉末タイプを使用しましょう。

液体タイプもありますが、粉末タイプの方が洗浄力が高いので、白Tシャツには粉末タイプがおすすめです。

黄ばみが強い場合は、お湯1L:5gの量を溶かして数時間漬けておくと黄ばみは完全にとれます。

僕は花王のクリアヒーロー(元ワイドハイター)を5年以上使っていますが、Tシャツの黄ばみはこれが汚れが落とせるので、多用しています。

半袖Tシャツのおすすめランキング:まとめ

結論、色んなブランドの半袖Tシャツを持っている僕が一番おすすめするのは、「Champion」の「T1011」です

T1011は、厚手の生地で味があり、首回りも一番しっかりしているので、長持ちしてガンガン洗濯することができます。数年単位で着れて値段も手頃なのでコスパも最強です。

そのため、もしどれを買うか迷っしまう場合は、総合ランキング「Champion」の「T1011」を購入をおすすめします。

まず後悔しないと思いますし、王道の半袖Tシャツなのでまず買って損はしないと思います。

Champion(チャンピオン)
¥4,167 (2021/06/18 22:54時点 | Amazon調べ)
\プライム会員だと在庫次第で無料で試着可能/
Amazonで探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました